ガラス面の緑色のコケの発生原因と抑制対策

2019年11月16日

ガラス面の緑色のコケの発生原因と抑制対策

アクアリウムのコケでまず目にするのはガラス面に付く緑色のコケではないでしょうか。このガラス面に付く緑色のコケは、身近なコケですが、水槽の汚れ具合を教えてくれます。ガラス面に付く緑色のコケの原因を知り、その抑制対策をすることで、すべてのコケの種類の発生の抑制につなげることができます。特に光量の強い環境が求められる水草水槽では、ガラス面に付く緑色のコケのチェックをして、美しい水槽作りに役立てることができます。ガラス面に付く緑色のコケは英語ではgreen dust algaeと訳されます。略してgdaと呼ばれています。

1.ガラス面の緑色のコケの発生原因

ガラス面の緑色のコケの発生は、水槽の栄養分が原因で発生します。この栄養分の発生原因は3つあります。

ガラス面の緑色のコケの発生原因
ガラス面の緑色のコケの発生原因

底床のソイルが原因で発生する場合

底床にソイルを使った場合は、使いはじめ約1か月のソイルからは微量のアンモニアが発生します。そのアンモニアが、バクテリアに分解され硝酸塩が発生します。この硝酸塩は水草の栄養分にもなりますが、コケの発生や繁殖の栄養分になります。

底床のソイルが原因で発生する場合
底床のソイルが原因で発生する場合

熱帯魚が原因で発生する場合

熱帯魚の糞から発生したアンモニアなどは、バクテリアに分解され、コケの発生の原因の硝酸塩やリン酸塩が発生します。毎日与える餌の量に比例して、魚から排出された糞や汚れが分解された、コケの原因の栄養分が発生します。

熱帯魚が原因で発生する場合
熱帯魚が原因で発生する場合

肥料が原因で発生する場合

水草に与える肥料には、窒素、リン酸塩といった栄養分が含まれた製品があります。水草の成長に効果的な液肥は、水草への成長促進も効果がありますが、コケの繁殖も促進してしまうことがあります。熱帯魚を飼育している水槽であれば、窒素やリン酸塩を含まないテトライニシャルスティックがおすすめです。

肥料が原因で発生する場合
肥料が原因で発生する場合

2.コケの抑制対策

ガラス面の緑色のコケの発生のスピードを観察することで、水槽内の栄養分の蓄積具合が把握できます。コケの発生のスピードが早いと、栄養分の蓄積が多いとわかり、栄養分を速やかに取り除かないと、あらゆるコケの発生の原因になります。次に水槽の横からガラス面をチェックした時に、薄っすら緑色のコケが発生したスピードを4つのケースに分けて、水槽の汚れ具合に合わせた水替え方法を紹介します。

コケの抑制対策
コケの抑制対策

【非常に早い】水替え後24時間以内にガラス面にコケが発生する場合

コケの発生が非常に早い時は、水槽のガラス面を綺麗に掃除してから、1時間もしないうちに緑のコケが付く場合があります。コケの発生が非常に早い場合は、水槽内に栄養分が多く蓄積している可能性があります。あらゆるコケの大発生の危険性があります。この場合は水槽の3分の1程度の量の水替えを週に2~3回行う必要があります。さらにコケの発生が早いため、水替えと合わせて、照明を7~10日間ほど消しておくとよいでしょう。この対応により、ガラス面に付く緑色のコケや水草に付いたコケを除去しつつ、水槽の水質も改善できます。

【早い】1~2日以内にガラス面にコケが発生する場合

コケの発生が1~2日以内に発生する早い場合は、水槽内に栄養分が蓄積して、糸状のコケや黒髭コケの大発生するリスクがあります。コケの発生が早い場合は、週の水替え回数を1回増やし、かつ水替え量も倍に増やす必要があります。

【やや早い】3~4日以内にガラス面にコケが発生する場合

コケの発生が3~4日以内に発生するやや早い場合は、黒髭コケの発生のリスクがあります。コケの発生がやや早い場合は、1回の水替え量を倍に増やすか、または週の水替え回数を1回増やすか、どちらかの対応が必要です。

【普通】5~6日以内にガラス面にコケが発生する場合

コケの発生が5~6日以内に発生する場合は、コケの発生が抑えられた水槽です。理想は、発生しないのが最善ですが、この状態であれば、黒髭コケが慢性的に器具などに発生する程度のレベルです。

コケの発生のチェック方法

次の水槽例は週2回、水槽の1/4の水替えをした、「【普通】5~6日以内にガラス面に薄っすら緑色のコケが発生する場合」の水槽です。写真の1枚目は、掃除の直後の水槽の横から見たガラス面です。ガラス面に付く緑のコケは、写真のように横から観察します。ガラス面は最初の1枚目から8枚目まで、コケの発生を観察したものです。3枚目(2日目)に水槽の1/4の水替え、6枚目(5日目)にトリミング行っています。水替えやトリミング時にはガラス面のコケは拭き取っていません。

コケの発生のチェック方法
コケの発生のチェック方法

コケの発生を抑制するポイント

実際に、ガラス面のコケをチェックすると、2~3日で発生している水槽が大半だと思います。慣れていない初心者の方は水替えの頻度や量を考えると、なかなか「5~6日以内にガラス面にコケが発生する」状態まで、抑制するのは大変に感じます。どうしても水替え回数や水替え量を増やすことができない場合は、生体の数を減らすかまたは、餌の量や回数を減らすことで改善が期待できます。コケの発生を抑制するポイントは、やはり水槽内の飼育数や餌の量が重要になります。なるべく与える餌の量を少なめにして、多めの水草を植栽することがコケの発生の抑制につながります。また発生がひどい場合は、照明の光量を減らしたり、照明時間を6~7時間程度に短くすることも抑制効果につながります。

3.ガラス面の緑色のコケの除去方法

ガラス面についたコケは、掃除する際の水替え前に、あらかじめコケ取りで落としてから水替えをします。

三角定規

水槽のガラス面のコケ取りには、多くの商品が出ていますが、水草動画が一番使いやすいと思うのは算数三角定規です。三角定規の選び方は、ある程度厚みのある三角定規が使いやすいです。厚みがない三角定規は、逆にコケ取りには向いていません。その他に、流木や水草が茂った、手の届かないガラス面にはスクレーパーが使いやすいです。水槽の角のシリコン部分や仕上げにはコケクロスがおすすめです。

水槽のコケ取りにおすすめの算数三角定規
水槽のコケ取りにおすすめの算数三角定規

生体による除去方法

流木、石、水草の葉に付いたコケには生体の除去が効果があります。水草水槽では大きな除去効果はありませんがオトシンクルスオトシンネグロがコケ取りにおすすめです。熱帯魚水槽であれば、石巻貝やフネアマ貝などの貝の仲間もコケ取りの効果を発揮します。

貝の仲間
貝の仲間

コケ抑制剤による除去

水草水槽では、ガラス面のコケ落としにコケ抑制剤はおすすめしません。水草が植わっていない熱帯魚水槽、金魚水槽、メダカ水槽であれば、バイコムのアルジガードがおすすめです。

バイコム アルジガード
バイコム アルジガード