アルテルナンテラ カーディナリス 渋みのある落ち着いた赤系の有茎水草

1.特徴

アルテルナンテラ カーディナリスは渋みのある落ち着いた赤系の有茎水草です。水上葉は緑からピンクがかった色をしていますが、水中葉になると緑茶色から渋みのある落ち着いた赤色になります。水中葉の葉の大きさは、5㎝~8㎝ほどの葉の長さになり、葉にウェーブがかります。成長スピードは比較的ゆっくり育成します。アルテルナンテラ カーディナリスの仲間では、アルテルナンテラ レインキー、アルテルナンテラ リラキナが有名です。アルテルナンテラ レインキーは、カーディナリスと比べて葉幅が狭く、節間が長く間延びした葉の付き方をします、赤みはカーディナリスのほうが強く染まるようです。レイアウトでは、数本でその渋みのある赤がワンポイントになり、レイアウトにアクセントを与えてくれます。成長が遅い有茎水草なのでレイアウトのワンポイントには適した水草です。水槽サイズは、小型水槽でも育成は可能ですが、中型から大型水槽のレイアウトに最適なサイズの水草です。ショップではカーディナリス、レインキー、リラキナなどアルテルナンテラの仲間として売られている赤系の水草です。

アルテルナンテラ カーディナリス
アルテルナンテラ カーディナリス

別名
学名 Alternanthera reineckii cardinalis
難易度 D
照明 普通
CO2 普通
PH 6.5-7.2
KH 1.0-2.5
成長速度 遅い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★☆☆☆

2.育て方

アルテルナンテラ カーディナリスの育成は、CO2量、光量をある程度必要とする水草です。水質は中性付近の水質が成長しやすい印象があります。立ち上げ初期のソイルなどKH(炭酸塩硬度)が1dH以下の場合に成長が著しく遅くなる場合があります。CO2量と光量は必要ですが、特別高い量は必要ありません。

トリミング・増やし方

トリミングは、あまり低い高さでカットしてしまうと極端に成長が遅くなるので、ある程度背丈が伸びてから、背丈の半分くらいでカットして、差し戻して増やします。

枯れる・溶ける

水質が合わないと、造花のようにまったく成長しないでコケがついて枯れてしまうことがあります。またコケが付いた葉は、ヤマトヌマエビによって葉に穴を開けられた状態にされてしまうことがあります。ヤマトヌマエビと相性が悪いわけではなく、きんちと成長してコケの付かない環境になれば、ヤマトヌマエビの食害もなくなります。

3.成長記録

私の水槽ではソイルで育成より、砂利で育成したほうが綺麗に育てられました。成長記録では、ソイルの育成と砂利の育成した写真を紹介しています。ソイルで育ているアルテルナンテラ カーディナリスは枯れていませんが、ほとんど成長していません。砂利で育成したアルテルナンテラ カーディナリスは、綺麗な赤みがでた状態です。ソイルの育成も、砂利の育成もCO2添加あり、照明は蛍光灯で育成しています。液肥は同じものを添加しています。



ソイルで育成

ソイルで育成した水槽のKH(炭酸塩硬度)の値は1dh以下です。

砂利で育成

砂利で育成した水槽のKH(炭酸塩硬度)の値は1~1.5dhです。

4.アルテルナンテラ カーディナリスの写真

アルテルナンテラ カーディナリス
アルテルナンテラ カーディナリス
アルテルナンテラ カーディナリス
アルテルナンテラ カーディナリス
オーストラリアン ノチドメ クローバーとアルテルナンテラ カーディナリス
オーストラリアン ノチドメ クローバーとアルテルナンテラ カーディナリス
濃い緑の水草にマッチするアルテルナンテラ カーディナリス
濃い緑の水草にマッチするアルテルナンテラ カーディナリス
葉の裏の赤が美しいアルテルナンテラ カーディナリス
葉の裏の赤が美しいアルテルナンテラ カーディナリス


コメントを残す

error: Content is protected !!