アヌビアスナナ プチ 丸い緑の葉をした丈夫な水草

1.特徴
2.育て方
3.通常のアヌビアスナナとの比較
4.成長記録

1.特徴

アヌビアスナナ プチは、アヌビアスナナの改良品種です。葉の長さは1.5㎝~3.5㎝ほどで丸い緑の葉が可愛らしい水草です。アヌビアスは陰性植物で非常に成長も遅く、管理のしやすい水草です。レイアウトでは流木や石に活着させて使います。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで幅広いレイアウトに適しています。アヌビアスナナより小さい為、レイアウトではアヌビアスナナ プチを密生させたほうが水槽のスケール感がでやすいです。流通も多く購入しやすい水草です。

アヌビアスナナ プチ
アヌビアスナナ プチ

別名 ナナ プチ/アヌビアス ペッチー
学名 Anubias baeteri var. nana Petite
難易度 B-C
照明 普通
CO2 弱~普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.5
成長速度 遅い
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★★★

2.育て方

アヌビアスナナ プチは成長が遅くじっくり育てたい水草です。水質は弱酸性から中性の水質を好みます。CO2はなくても育成はできますが、美しく育てるにはCO2添加が効果的です。成長のスピードは、葉の量に比例するように沢山葉をつけている株は新芽の展開が早く、逆に葉が少ない株は成長が非常に遅くなります。アヌビアスナナ プチは流木や石に巻き付けて、活着させて育てます。ポットに入った状態で販売されていることが多く、水槽に入れる際はポットから取り出して流木や石などに巻いてレイアウトに使います。写真は1~6cmの風山石に巻いて配置しています。


 



トリミング・増やし方

アヌビアスナナ プチを増やすには、コケの出ずらい水槽でじっくり育成できる水槽環境が重要です。トリミングは密生しすぎた葉や古くなった葉からカットします。また株が巨大化しすぎた場合は、伸びた株や密生しすぎた株をカットします。増やし方は葉を多く展開させることによって株が成長して増えていきます。

枯れる・溶ける

非常に丈夫な水草なのでコケに覆われてしまっても溶けることは少ないです。通常の水草ならコケがついてカットする場合でもコケの発生が改善すれば、ヤマトヌマエビや貝などでコケを除去して綺麗な葉に戻すこともできます。冬場など極端に寒い環境だったり運搬時などのストレスで枯れてしまうことがあります。また古くなった葉や、傷ついた葉などあると枯れたりします。葉が枯れてしまっても株が溶け出していなければ再生するので株を底床や流木に配置してじっくり新芽が展開するのを待ちます。

3.通常のアヌビアスナナとの比較

通常のアヌビアスナナの葉が3~5㎝に対してプチは1.5~3.5㎝と二回りくらい小さい葉をしたアヌビアスです。育成方法や難易度は変わりませんが、育てた印象としては購入時のプチの方が葉が多くついているために通常のナナより成長が早く感じます。レイアウトでは通常のナナより葉が小さいためレイアウトに使いやすい水草です。

4.成長記録



2 thoughts on “アヌビアスナナ プチ 丸い緑の葉をした丈夫な水草

コメントを残す

error: Content is protected !!