クリプトコリネ ベケッチー 前景から中景用の赤系の美しい水草

1.特徴

クリプトコリネ ベケッチーは茶系の美しいクリプトコリネの仲間です。葉の色は緑茶色から濃い茶色まで色が環境によって変わります。葉の長さは5㎝~10㎝程度になります。クリプトコリネ ウェンティー ブラウンなどの違いは、ベケッチーは葉に模様が入らず一回り小さいサイズの水草です。レイアウトでは前景から中景に使われることが多く、美しい茂みのワンポイントを作ります。クリプトコリネ ベケッチーは古くから流通しており、定番のクリプトコリネの仲間の種類です。ショップではポットの水上葉で販売されていることが多いです。また組織培養カップの水中葉に近い葉で売られたものもあります。組織培養のものは葉は小さいですが葉が多く、育てやすい印象です。

クリプトコリネ ベケッチー
クリプトコリネ ベケッチー

別名 ウォータートランペット
学名 Cryptocoryne beckettii
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型~中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

クリプトコリネ ベケッチーの育成は弱酸性から中性の水質を好みます。底床はソイルが育てやすいですが、砂利の中性付近での育成も可能です。光量、CO2量は少なくても育成は可能ですが、有茎水草の葉から気泡を見られる量の光量とCO2量があると美しく育成できます。成長速度は、陰性植物としては早いほうで、美しい茂みを作りやすい水草に感じます。

トリミング・増やし方

トリミングは、中心から外側の古い葉からカットします。増やし方は、葉を増やして株を大きくして株分けにより増やすことができます。密生しすぎた場合のトリミングは、間引くように株分けをしていきます。

枯れる・溶ける

クリプトコリネ ベケッチーは水上葉から水中葉に移行する際や、水質が大きく変化があった場合に溶け出す場合があります。葉が完全に溶け出すこともありますが、1~3週間程度で株から新しい葉を展開するので、溶けていても株は捨てないで底床に植えて新しい葉が出てくるまでじっくり待ちましょう。溶け出した葉は、他の健康な葉にも影響があるので、速やかに溶け出した葉をカットして水槽から取り除きます。



3.成長記録

水槽は60㎝水槽、底床はソイルで育成しています。組織培養カップを購入して植栽しています。植栽直後の葉は水中葉に近い葉で、溶けることなく約2ヶ月で綺麗な茂みができました。

4.クリプトコリネ ベケッチーの写真

クリプトコリネ ベケッチー
クリプトコリネ ベケッチー
クリプトコリネ ベケッチー
クリプトコリネ ベケッチー


One thought on “クリプトコリネ ベケッチー 前景から中景用の赤系の美しい水草

コメントを残す

error: Content is protected !!