クリプトコリネルーケンス 前景用の成長の遅い水草

1.特徴

クリプトコリネ ルーケンスは、小型のクリプトコリネです。葉の長さは5~10㎝程度、葉の幅は5mm~1㎝程度の細長い葉をしたクリプトコリネです。葉の色は、環境によっては緑から茶色がかります。時間をかけて群生させたクリプトコリネ ルーケンスの茂みは非常に美しい味わいのある水景を作ります。レイアウトでは、前景用として小型水槽から大型水槽まで幅広いレイアウトで使えます。ショップではポットで可愛らしい楕円形をした水上葉で販売されていることが多いです。近年は組織培養のカップで販売されているもの見かけるようになりました。組織培養で育てられたものは水中葉に近く、水上葉のポットで売られているものより株の量も多いです。流通も多く入手しやすいクリプトコリネの種類の水草です。

クリプトコリネ ルーケンス
クリプトコリネ ルーケンス

別名
学名 Cryptocoryne lucens
難易度 C
照明 弱~普通
CO2 弱~普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

クリプトコリネ ルーケンスの育成は、成長が非常に遅いのでじっくり育てられる環境が重要です。底床は、ソイル、砂利どちらでの育成も可能です。光量、CO2量は少ない環境でも十分育てられますが、美し茂みを作るには有茎草の葉に光合成が見られる程度のCO2量、光量があるのが理想です。成長速度が非常に遅く、葉が固いので黒髭ゴケなどコケが付きやすい水草です。しかし丈夫な水草なので、ある程度コケがついても枯れることは少なく、水槽のコケを改善することによりコケの付いた葉も綺麗に戻すことができます。育てた印象としては、陰性植物のアヌビアスナナに似た育て方に感じます。

トリミング・増やし方

クリプトコリネ ルーケンスのトリミングは、密生しすぎた葉は間引くようにカットします。葉を沢山密生させることにより株が大きくなり、株分けで増えていきます。増えすぎた場合は、株を間引くようにしてトリミングをします。

枯れる・溶ける

クリプトコリネ ルーケンスは他のクリプトコリネに比べて比較的溶けにくい印象がありますが、水上葉や他のクリプトコリネの溶けた影響により溶け出すことがあります。葉がすべて溶けだしても、株が残っていれば再生しますので、葉がなくなった株は捨てずに、株は底床に植え新芽が出るまでじっくり待ちます。



3.成長記録



One thought on “クリプトコリネルーケンス 前景用の成長の遅い水草

コメントを残す

error: Content is protected !!