クリプトコリネ ウェンティー ブラウン クリプトコリネの代表種

1.特徴
2.育て方
3.成長記録

1.特徴

クリプトコリネ ウェンティー ブラウンは、古くから親しまれている茶系のクリプトコリネを代表する種類です。濃い茶色から明るい茶色まで水槽の環境に合わせて色が変わります。クリプトコリネ ウェンティー ブラウンの仲間でクリプトコリネウェンティーグリーンがありますが、クリプトコリネ ウェンティー ブラウンはグリーンより成長が早く葉は緑がかることなく、グリーンより葉が大きくなります。クリプトコリネ ウェンティー ブラウンの水上葉は刃先が丸みがあり緑と茶が混じった色の3㎝から5㎝ほどの葉の長さですが、水中葉になると5㎝~20㎝までに大きくなり葉の先は丸みがなくなります。レイアウトでは中景のワンポイントとして使用することが多い水草です。茶色に染まったクリプトコリネ ウェンティー ブラウンは存在感があり渋みのある落ち着いたアクセントになります。ショップではポットで販売されていることが多く流通も多い定番のクリプトコリネです。近年では組織培養されたカップ状のものも販売され価格も安くなりました。

クリプトコリネ ウェンティー ブラウン
クリプトコリネ ウェンティー ブラウン

別名 クリプトコリネ ウェンディー ブラウン
学名 Cryptocoryne wendtii var.brown
難易度 B-C
照明 弱~普通
CO2 弱~普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

クリプトコリネの仲間の特長として、水質が合わないと葉が溶ける傾向が強く、クリプトコリネ ウェンティー ブラウンも同様に溶けやすい水草です。しかし葉がすべて溶けだしても、底床に株が残っていれば、2~3週間で新しい新芽が底床から生えてきます。一度植栽したらじっくり葉が展開するまで待つことが重要です。CO2と照明は弱くても育ちますが、強い照明とCO2、栄養分のある環境では濃い茶色になり本来の渋みのある美しい葉が展開していきます。CO2、照明が十分ある水槽では成長は早く水上葉から水中葉には3~5週間で生え変わります。肥料添加は底床肥料を根元に追肥してあげるとよいでしょう。

トリミング・増やし方

葉が密生しすぎた場合は、外側の大きな葉からカットしていきます。クリプトコリネは株で増えていきます。密生した場合は、株分けして間引いてやります。

枯れる・溶ける

クリプトコリネは、ちょっとした変化で葉が溶けだしたりします。同じ水槽で、同じタイミングで植栽した場合でも溶け出す株と、溶け出さない株あります。溶け出す原因は非常に小さな変化やストレスだったりする場合があります。また水上葉は比較的溶けやすいです。

植栽から16日目 水上葉が溶け出したクリプトコリネ
植栽から16日目 水上葉が溶け出したクリプトコリネ



3.成長記録



4 thoughts on “クリプトコリネ ウェンティー ブラウン クリプトコリネの代表種

コメントを残す

error: Content is protected !!