ディディプリス 美しい色彩の有茎草

1.特徴

ディディプリスは緑から茶系の赤に染まる美しい有茎草です。古くから親しまれて、ダッチアクアリウムでもよく使われた水草です。写真は赤みがなく、グリーンロタラを感じるような美しい緑をしていますが、本来は草の先端から赤く、下部にいくと黄色から緑のグラデーションがかった色合いになります。葉の大きさは葉の幅が2~3mm程度、葉の長さは1~2㎝程度で細長い小さい葉をしています。水草水槽のレイアウトでは、水景の一角にワンポイントとして美しい茂みを作ってくれます。水槽サイズは小型水槽から大型水槽の中景から後景で使われることが多い水草です。流通は比較的あり水草を多く扱っているショップであれば、一本単位で販売されていることが多い水草です。

ディディプリス
ディディプリス

別名 ディディプリス ディアンドラ
学名 Didiplis diandra
難易度 C
照明 普通
CO2 普通~高い
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ディディプリスは、ソイルから砂利の軟水から硬度がある水質まで幅広い環境で育成できます。CO2、光量はある程度必要で、水槽内の水草の葉から光合成の気泡が見られる程度の光量、CO2を添加するとよいでしょう。葉の色はCO2、光量と栄養分のバランスで緑から赤までに変わります。

トリミング・増やし方

ソイルなど軟水の環境では、成長は非常に早く、2週間もしないうちにトリミングのタイミングがきます。トリミングは、伸びた部分をカットして、差し戻しで増やしてきます。カットした部分から脇目がでてきますので数回のトリミングで、美しい茂みを作ることができます。ソイルでCO2、光量が整った水槽であれば、数本から5本程度で、あっというまに増やすことができます。写真は購入時に3本のディディプリスから、最初の植栽時に1本の草を半分にカットして、6本にして植栽しています。その後2回のトリミングを繰り返して約1か月で綺麗な茂みを作ることができました。

1回目のトリミング

1回目のトリミングは、植栽から11日目にトリミングと差し戻しをしています。

植栽から11日目の1回目トリミング ディディプリス
植栽から11日目の1回目トリミング ディディプリス



2回目のトリミング

ディディプリスは環境があうと非常に成長が早く2回目のトリミングは、植栽から23日目にトリミングと差し戻しをしています。

植栽から23日目の2回目トリミング ディディプリス
植栽から23日目の2回目トリミング ディディプリス

枯れる・溶ける

ディディプリスは、ある程度CO2量、光量を求めてきます。環境が合わないと成長が遅くコケに覆われて枯れたりすることがあります。

3.成長記録

4.ディディプリスの写真

1回目のトリミングから12日目 ディディプリス
1回目のトリミングから12日目 ディディプリス
真上から撮影したディディプリス
真上から撮影したディディプリス

ディディプリスは小さい赤い花を付けます。

ディディプリスの花
ディディプリスの花

ディディプリスの花
ディディプリスの花


One thought on “ディディプリス 美しい色彩の有茎草

コメントを残す

error: Content is protected !!