ミゾハコベsp. ラトナギリ 緑が美しい可愛らしい有茎水草

1.特徴

ミゾハコベsp. ラトナギリは緑が美しい有茎水草です。ミゾハコベsp. ラトナギリは、葉の長さは約10mm、葉幅は3mm~5mm程度の大きさをした小型の有茎水草です。グリーンロタラの葉幅が広くした感じの水草です。ミゾハコベsp. ラトナギリは横たわるようにして成長します。ミゾハコベsp. ラトナギリは這うようにして育つためレイアウトでは前景から中景に適した水草です。水槽サイズは小型水槽から大型水槽までの前景から中景に使えます。ミゾハコベsp. ラトナギリはグリーンロタラ好きの水草動画としては好きなタイプの水草です。

ミゾハコベsp. ラトナギリ
ミゾハコベsp. ラトナギリ

別名 エラチネ ティランドラ ラトナギリ
学名 Elatine sp.Ratnagiri
難易度 C-D
照明 普通~強い
CO2 普通~強い
PH 6.0-6.9
KH 0.5-1.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ミゾハコベsp. ラトナギリの育成はグリーンロタラより1段階高いCO2量、光量を求めてくる印象があります。グリーンロタラがすくすく成長する環境でもミゾハコベsp. ラトナギリは成長が悪いことがあります。CO2量は水草から光合成の気泡が見られる程度、光量は強めの照明が重要です。底床はソイルが育成しやすいです。水質は弱酸性から中性を好みます。

トリミング・増やし方

ミゾハコベsp. ラトナギリのトリミングは伸びすぎた部分をカットして、差し戻しで増やしていきます。

枯れる・溶ける

ミゾハコベsp. ラトナギリは環境が合わないと、水草全体が白化や黄色くなり枯れたり、溶けたりすることがあります。原因は大きく3つ考えられます。一つ目は光量やCO2量が不足している場合です。二つ目はソイルが劣化して炭酸塩硬度が高くなってCO2量が足りていない場合があります。3つ目は肥料不足です。栄養分はさほど要求してこないので、まずは1,2を確認してください。その他には夏場など30度近くになると成長が止まりコケが付きやすくなります。コケの出やすい環境は葉にコケがつくと溶けたり枯れたりすることがあります。



3.成長記録

照明はアクロのトライアングル ブライトを使っています。CO2は有茎水草から気泡が確認できる程度添加しています。砂利は富士砂、RO水で管理して炭酸塩硬度は1°dhに調整しています。肥料は液肥のみで育成しています。

4.ミゾハコベsp. ラトナギリの写真

ミゾハコベsp. ラトナギリの写真
ミゾハコベsp. ラトナギリの写真
前景から中景に植栽したミゾハコベsp. ラトナギリ
前景から中景に植栽したミゾハコベsp. ラトナギリ


コメントを残す

error: Content is protected !!