【上手に育てるコツ】グロッソスティグマ 育成に必要な光量とCO2量

グロッソスティグマは大好きな水草の一つです。そんなグロッソスティグマの育て方のコツや育たない原因などを詳しく紹介します。初心者の方や初めて育成する方にもわかりやすく紹介します。

1.特徴

グロッソスティグマはグロッソスティグマは前景用として人気の高い水草です。葉の大きさは4~7mm程度の丸い形をしています。前景を這うようにして成長して、丸い可愛らしい明るいグリーンの絨毯ができる非常に美しい水草です。グロッソスティグマを敷き詰めたレイアウトは明るい印象のレイアウトになり、泳ぐ魚たちもより美しく映ります。水槽サイズは小型水槽~大型水槽まで前景用の水草として適した水草です。水草レイアウトでは石組レイアウトから流木レイアウトまで様々なレイアウトで使われます。ネイチャーアクアリウムでもよく使われる前景用の水草です。

グロッソスティグマ
グロッソスティグマ

別名 グロッソ
学名 Glossostigma elatinoides
難易度 B-C
照明
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★★★

2.育て方

グロッソスティグマは、成長が早く前景用の水草としては育てやすい水草です。CO2がない水槽でも育成は可能ですが、綺麗な絨毯を作るには強めの光量とCO2添加が重要です。底床は大磯など砂利でも可能ですが砂利の場合は難易度が上がります。底床はソイルの育成が理想で、CO2を添加することにより比較的容易に育成することができます。

植え方

植栽は束になっている状態をイラストのように数本単位に分けて植栽していきます。グロッソスティグマは成長が早いので、植栽はある程度間隔を空けて植えていきます。

グロッソスティグマの植え方
グロッソスティグマの植え方

植栽から2週間の成長記録
トリミング方法

トリミングはグロッソスティグマの成長の状態に合わせてカットしていきます。グロッソスティグマのトリミングは根っこを残して葉の部分をイラストのようにカットします。グロッソスティグマの茂みに厚みが出てきた場合は、重なっている上の部分の草を間引きします。また葉が黄色くなったり溶け出したり成長の悪い部分は根っこごと抜き取り、状態の良い草を差し戻していきます。

グロッソスティグマのトリミング方法
グロッソスティグマのトリミング方法

3.育たない・立ち上がってしまう原因

グロッソスティグマがうまく育たない場合は、原因は大きく3つ考えられます。1つ目は照明量(光量)、2つ目はCO2量、3つ目は水槽の状態です。底床がソイルの場合でうまく育たない場合はCO2添加量、光量を見直してください。またソイルが半年以上経過している場合は肥料不足の可能性もあります。さらに葉が小型化するようであれば、CO2量または肥料を確認してください。肥料は2~3か月に一度、イニシャルスティックなどの底床肥料を追肥してあげます。

植栽から4日目 グロッソスティグマ
上に立ち上がってしまうグロッソスティグマ 植栽から4日目
1.光量の目安

グロッソスティグマのように這う前景の水草は光量が重要になります。グロッソスティグマは光量が足りないと立ち上がってくる傾向があります。強い照明により綺麗な絨毯を作ることができます。必要な光量は水槽サイズによって違います。特に水槽に高さがあるとより強い光量が必要になります。目安としては、LEDや蛍光灯の照明の場合、水深が36cm以下であれば30cm水槽は1~2台、45cm~60cm水槽は2台の設置が理想です。水深が36cm以上ある場合はさらに光量の強いタイプのLEDやメタハラが必要になります。光量の強いタイプのLEDはアクロのトライアングル ブライトシリーズが前景用の水槽には適しています。

2.CO2量の目安

グロッソスティグマはCO2量が不足していると成長が鈍り、コケが付きやすくなったり葉が小型化したりしてしまうことがあります。CO2量の目安は水槽の水草から気泡が確認できるくらいの量が理想的です。CO2添加をしていない場合は、水替えにより水道水に含まれるCO2で対処が可能です。こまめに水替えをすることで水槽にCO2を供給することができます。

3.水槽の状態

グロッソスティグマはさほど水質にうるさくない水草ですが、光量やCO2を十分添加しているにもかかわらず、育たなかったり枯れたりすることがあります。砂利や石を使っている場合はKH(炭酸塩硬度)が高い場合があります。石や砂利のカルシウム、マグネシウム分が溶け出してしまい、CO2の溶け込みが悪くなっている場合があります。また葉にコケが付着するような水槽の状態の場合は成長が悪くなります。特に水槽を立ち上げ時などコケが付着しやすくグロッソスティグマの成長を妨げることがあります。

条件はそろっているのに立ち上がる

グロッソスティグマを植栽してあまり失敗経験はなかったのですが、30cm水槽で立ち上げた水槽は、CO2量、光量、栄養分が十分ある水槽にも関わらずグロッソスティグマは這うことなく成長が悪いです。気孔石を使ったレイアウトなので、KH(炭酸塩硬度)が高い影響かと思いましたが、炭酸塩硬度は1°dHと低く維持しています。そうなると原因は水草に問題があるのか?と疑ってしまいます。理由としては今回はじめてポット以外のパック売りの物を購入しました。水上葉で写真のように少し葉が細長いタイプのグロッソスティグマでした。ただ100%購入した水草が問題ということは言い切れません、疑いは高いですが照明や水質による影響の可能性も0ではないと思っています。この立ち上がってしまうグロッソスティグマの検証は同じ環境で別のグロッソスティグマを購入して確認したいと思います。



立ち上がってしまうグロッソスティグマの成長記録

4.コケがついた場合の対処方法

グロッソスティグマの葉にコケがついてしまい枯れる場合は、水草の成長よりコケの発生が早く、悪い環境になっています。コケの発生は水槽内の栄養分や汚れが原因です。まずコケの発生を抑制させるために、水槽内の栄養分や汚れを除去することが大切です。コケが出てしまっている場合は、コケの発生を抑制できるまで肥料添加は止めます。コケがあまりにもひどい場合は照明も1/2~2/3程度に弱めます。水槽内の栄養分や汚れの除去方法は、水替え頻度を週に2~3回に増やして水槽の栄養分を除去します。

立ち上げ初期のコケ
立ち上げ初期のコケ

コケをよく食べる生体を入れる

水槽内の栄養分と汚れの除去対策と合わせ、コケに合わせて生体による除去をしていきます。茶ゴケであれば、オトシンクルス、アオミドロや黒髭ゴケの発生の場合はヤマトヌマエビが効果的です。生体を入れないで除去したい場合は、コケの付いた葉をカットしてもよいです。葉についたコケのカットの方法はトリミング方法と同様に根元を残して葉をカットします。

成長の早い水草によってコケの原因になる栄養分を吸収させる

栄養分の除去は成長の早いハイグロフィラ・ポリスペルマなどの有茎水草をいれて栄養分を吸収させます。グロッソスティグマの絨毯など有茎草が植栽できないレイアウト水槽の場合は、成長の早い浮草(アマゾンフロッグビット)を入れて水槽内の余計な栄養分を取り除く方法もあります。

5.グロッソスティグマを使ったレイアウト例

60cmワイド水槽で前景をグロッソスティグマで敷き詰めたレイアウトです。写真のグロッソスティグマは植栽から半年以上たっているものです。

前景をグロッソスティグマの絨毯にしたレイアウト
前景をグロッソスティグマの絨毯にしたレイアウト

前景をグロッソスティグマの絨毯にしたレイアウト
前景をグロッソスティグマの絨毯にしたレイアウト

グロッソスティグマを使った石組みレイアウト

写真はネイチャーアクアリウム展で撮影したレイアウトです。水草はグロッソスティグマの1種類のみでレイアウトされています。石は龍王石が使われています。

グロッソスティグマを使った石組みレイアウト
グロッソスティグマを使った石組みレイアウト



error: Content is protected !!