クリプトコリネ パルヴァ トリミングが少なく管理しやすい前景用水草

2020年10月21日

1.特徴

クリプトコリネ パルヴァは、小型のクリプトコリネの仲間です。クリプトコリネ ルーケンスに似ていますが、さらに小さくしたタイプのクリプトコリネです。クリプトコリネ パルヴァの葉の長さは約3cm~4cm、葉幅は約3mmのテープ状の形をしています。葉が上に向かず、底床にペタッと張り付くように葉が展開します。成長が非常に遅いため、トリミング回数を減らしたい水槽や長期維持できる水槽に適した水草です。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽に適しています。レイアウトは、前景の植栽に扱いやすい水草です。流通はネットショップや水草を多く取り扱っているショップで入手しやすいです。

クリプトコリネ パルヴァ(パルバ)

別名 クリプトコリネ パルバ
学名 Cryptocoryne parva
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.5
KH 0.5-2.5
成長速度 遅い
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

クリプトコリネ パルヴァは、弱酸性から中性の水質を好みます。砂利での育成も可能ですが、ソイルが育てやすいです。水質にはうるさくなく、他のクリプトコリネと比べて溶けずらい印象を受けます。しかし、成長が遅く、コケがつきやすいです。綺麗な絨毯を作るコツは、CO2添加、十分な光量、コケの発生しずらい環境がポイントになります。

コケ対策

クリプトコリネ パルヴァは成長が遅く、葉が固いため、黒髭コケがつきやすく見苦しくなりやすいです。生体を少なめに抑え、水草が多く茂った水槽でも、葉に黒髭コケがつく場合があります。コケ対策には水替えや、水草を多く植え、かつヤマトヌマエビサイアミーズフライングフォックスが効果的です。特に、水替えをしっかりして、どうしても黒髭コケが抑えられない場合には、サイアミーズフライングフォックスが効果が期待できます。

コケ対策 サイアミーズフライングフォックス

植え方

植え方は、ポットや組織培養など、一株が大きすぎる場合は小分けにして、ピンセットで植栽していきます。植栽は1~2cm間隔に植栽していくと良いでしょう。浮かんできてしまう場合は、根の部分をつかみ、深めに植えると浮かんでこなくなります。

トリミング・増やし方

トリミングは、黄色く枯れてきた葉や溶けた葉をカットしていきます。増やし方は、株が徐々に大きくなり株分けして増やすことができます。

枯れる・溶ける

クリプトコリネ パルヴァは、比較的溶けずらい印象がありますが、クリプトコリネの仲間は、水質の変化に弱く、新しい環境適応するために、葉が一度溶ける場合が多いです。葉が完全に溶けても、根本の株が残っていればまた葉が再生するので、じっくり新芽がでるまで待ちます。枯れたり、成長しない場合は、CO2量、光量が不足している場合が多いです。

3.成長記録

クリプトコリネ パルヴァは、30cm水槽で育成しました。詳しい育成環境はこちらの30cm水槽立ち上げ時の記事をご覧ください。

4.クリプトコリネ パルヴァの写真

クリプトコリネ パルヴァの写真
クリプトコリネ パルヴァの絨毯