エキノドルス テネルス 丈夫で初心者が育成しやすい前景草

2020年10月21日

1.特徴

エキノドルス テネルスは育成環境によってピンクからグリーンまで色彩豊な水草です。葉の長さは5cm~10㎝、幅2~3㎜の細長い形をしています。前景草の育成は初心者にとってはやや難しいですが、テネルスは比較的初心者でも育成しやすい種類として紹介されることが多い水草です。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで幅広く使える水草です。レイアウトでは、前景に敷き詰めて使うことが多いです。流通も多く、熱帯魚ショップやネットショップで入手しやすい水草です。

エキノドルス テネルス

別名 ピグミーチェーンアマゾンソード
学名 Echinodorus tenellus
難易度 B-C
照明 普通
CO2 少ない~普通
PH 6.0-7.5
KH 0.5-2.5
成長速度 普通~やや早い
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

エキノドルス テネルスの育成は、砂利、ソイルどちらでも育成は可能です。ソイルを使うことで、CO2添加が無くても育成が可能ですが、美しい絨毯を作るには、CO2添加が効果的です。十分な光量、CO2量によって、葉の色がピンクから赤味帯びた色になります。水質は、やや硬度(KH1~2.5°dH)があるほうが育ちやすい種類に感じます。

植え方

植え方は、ピンセットで写真のように2~3cm間隔に1株ずつ植栽していきます。水上葉は、浮かんできやすいことがあるので、根の部分をピンセットでつかみ深めに植えると浮かんできづらくなります。組織培養の場合は、ゼリー状の部分を洗い流し、塊部分を1株ずつに分けてから植栽します。

植え方 エキノドルス テネルス

トリミング・増やし方

エキノドルス テネルスのトリミングは、ハサミで増えすぎた部分をカットしていきます。また密生しすぎた部分は、株を間引きます。

ランナーで増えるエキノドルス テネルス

枯れる・溶ける

エキノドルス テネルスの葉が黄色くなったり、白化したりする場合は、光合成に必要な光量、CO2が不足している場合があります。また、水槽立ち上げのソイルの初期は、ソイルの種類によっては硬度が低くなり、成長が止まったり葉が溶け出す様な場合があります。CO2を添加していない場合やソイルの初期は、水替え頻度を増やすことで、改善が期待できます。

3.成長記録

成長記録は、組織培養と水上葉の2つの状態の育成記録です。

組織培養

組織培養の育成環境はこちらの記事をご覧ください。組織培養は、明らかに通常のエキノドルス テネルスとは違った形状の葉が展開しました。これはエキノドルス テネルスsp.ブロードタイプやエキノドルス テネルス sp.グリーンではないか?と感じました。通常のテネルスと比較して成長スピードも遅く感じました。

水上葉

エキノドルス テネルスの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.エキノドルス テネルスの写真

エキノドルス テネルスの絨毯