ショート コブラグラス 管理しやすい絨毯が楽しめる前景草

2021年5月27日

1.特徴

ショート コブラグラスは、通常のコブラグラスより、葉が短いタイプです。葉の色は、美しいグリーンの茂みの絨毯を作る前景草です。ショート コブラグラスの葉の長さは約3cm~4cm、葉幅は1mm~2mmの大きさです。通常のコブラグラスと一緒の水槽で、育成してみましたが、葉の長さや色の違いは、あまり大きな違いは感じられなく、やや葉の長さが短いのかな?という程度です。しかし成長速度には違いがあり、ショート コブラグラスの方が成長が早く、綺麗な絨毯が作れました。ただしショート コブラグラスの方が成長が早いとは言い切れません、同じ水槽でも植栽した場所によって水草の成長の違いがでます。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽に適しています。レイアウトでは、成長がやや遅いためトリミング頻度が少なく管理しやすい前景用の水草です。流通は多くなく、水草を多く取り扱っている専門店やネットショップで入手しやすいです。

ショート コブラグラス

別名 ショートsp コブラグラス
学名 Lilaeopsis sp.(不明)
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 やや遅い~普通
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ショート コブラグラスはショップでは束状や数本単位で売られている場合が多いです。コブラグラス自体は丈夫な水草の種類ですが、綺麗な絨毯を作るのはやや難しい水草に感じます。環境によってなかなか成長スピードが上がらず、黒髭コケがつきやすい傾向があります。水質は弱酸性から中性の軟水の水質を好みます。美しい絨毯を作るには、ソイルを使い水草が育ちやすい軟水の水質を維持しつつ、コケの出ずらい環境を作り、強い光量とCO2添加が重要になります。

購入時 ショート コブラグラス

大きさ ショート コブラグラス
植え方

植え方は、ピンセットで1~2cm間隔に5~10枚くらいの葉の塊を植栽していきます。水上葉は、やや浮力があるので、根の部分をピンセットでつかみ深めに植えると浮かんできづらくなります。

トリミング・増やし方

ショート コブラグラスはランナーで増えていきます。ソイルの初期や環境が合うと、成長が早く一か月もすると何倍にも増えていきます。トリミングは増えすぎた部分をカットしたり、ランナーがあちらこちらから出てくるので間引く必要があります。

枯れる・溶ける

ショート コブラグラスは、CO2、光量のどちらか不足すると葉が黄色くなったり、葉が小型化する傾向があります。長期にわたり、光合成に必要なCO2、光量が不足すると、枯れたり溶けたりすることがあります。また栄養分は、根元に固形肥料を追肥するとよいでしょう。

3.成長記録

ショート コブラグラスの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.ショート コブラグラスの写真

ショート コブラグラスの写真
ショート コブラグラスの絨毯