コブラグラス 美しい芝生の絨毯を作る前景草

2020年10月21日

1.特徴

コブラグラスは、古くから熱帯魚ショップで販売されている人気の前景草です。葉の形が蛇のコブラのような形状をしていることからその名前がつかれたと言われています。水槽の前景にコブラグラスがぎっしり密生した状態は非常に美しいです。葉の長さは約5cm、幅は約3mmの大きさです。色はライトグリーンをしています。レイアウトはでは、前景にメインに使われることが多いです。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽に適した水草です。流通は多く水草を取り扱っているショップでは入手しやすい水草です。コブラグラスの種類はブラジル産のコブラグラスモーリシャス、コブラグラスショート、ロングリーフコブラグラス、やや難しいブラジリアン コブラグラスなどがあります。

コブラグラス

別名
学名 Lilaeopsis novae-zelandiae
難易度 C-D
照明 強い
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型
お勧め度 ★★★☆☆

2.育て方

ショップではポットで美しい状態で売られているのを見て購入する方が多い人気の水草です。コブラグラス自体は丈夫な水草の種類ですが、綺麗な絨毯を作るのはやや難しい水草に感じます。環境によってなかなか成長スピードが上がらず、黒髭コケがつきやすい傾向があります。水質は弱酸性から中性の軟水の水質を好みます。美しい絨毯を作るには、ソイルを使い水草が育ちやすい軟水の水質を維持しつつ、コケの出ずらい環境を作り、強い光量とCO2添加が重要になります。

トリミング・増やし方

コブラグラスはランナーで増えていきます。ソイルの初期や環境が合うと、成長が早く一か月もすると何倍にも増えていきます。トリミングは増えすぎた部分をカットしたり、ランナーがあちらこちらから出てくるので間引く必要があります。

枯れる・溶ける

コブラグラスは、CO2、光量のどちらか不足すると葉が黄色くなったり、葉が小型化する傾向があります。長期にわたり、光合成に必要なCO2、光量が不足すると、枯れたり溶けたりすることがあります。また栄養分は、根元に固形肥料を追肥するとよいでしょう。

3.成長記録

コブラグラスの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はGEXの水草一番サンドを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。