ベトナムクローバー 水景に楽しさを作る可愛い水草

2020年10月21日

1.特徴

ベトナムクローバーは扇状に、クローバーに似た水草です。その見た目の可愛らしさが水景に楽しさを与えてくれます。葉の大きさは、直径2cm~4cm程度の4枚の葉をしています。レイアウトでは前景から中景のワンポイントやアクセントに適しています。水槽サイズは小型水槽でも扱えますが、やや背丈が高くなることがあるので、中型水槽から大型水槽に適しています。流通は、多くありませんが、ネットショップや専門店で入手しやすい水草です。

ベトナムクローバー

別名 フィリピンウォータークローバー、(マルシレア)
学名 Marsilea sp. Vietnam(Marsilea sp. from Viet Num)
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ベトナムクローバーの育成は、特別難しい水草ではありませんが、やや成長のスイッチにはいるのが遅い印象を受けます。そのためコケがつきやすいです。水質はソイルを使った弱酸性の水質を好みます。美しく育てるコツはCO2添加、強い光量により写真のような状態を楽しめます。

植え方

ベトナムクローバーは、四つ葉のクローバー状の葉が1枚ずつ長く伸びた茎が根につながっています。2~3枚の葉ごとに切りそろえて、1cm~2cmの間隔に植えていきます。水上葉は浮かんできやすいので、2cm~3cmの深さに植えてるとよいです。

トリミング・増やし方

ベトナムクローバーは、ランナーで増えます。ランナーは長く伸びて増えていくので、綺麗な茂みを作るのは難しいです。水槽のあちらこちらにランナーがでてくるので、景観を乱す葉はこまめにトリミングでカットします。トリミングは、葉の茎の根元からカットします。

枯れる・溶ける

ベトナムクローバーは、比較的丈夫ですが、光合成量に必要なCO2量、光量が不足すると葉が黄色くなったり、茶色くなることがあります。またソイルが劣化し、炭酸塩硬度が上がりCO2の吸収が悪くなった時期にも、成長不良の症状になることがあります。

3.成長記録

ベトナムクローバーの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は定期的に水替え後2~3日空けてからアイアンエイド自作液肥を添加しています。固形肥料の場合は水草やコケの発生状況を確認して、3~4か月に少量(10~20粒)を底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥するとよいでしょう。

4.ベトナムクローバーの写真

ベトナムクローバーの写真

ベトナムクローバーとオーストラリアン ノチドメ

真上から撮影したベトナムクローバー
あちらこちらからランナーで増えていくベトナムクローバー