【動画付き】リシアの育て方 絨毯の作り方からレイアウト例まで

1.特徴

リシアは流木や石に自然なコケが生えたような茂みを作る水草です。リシアはウィローモスなどのコケの仲間とは違い浮き草の仲間です。約10mm程度の「Y」の字の形をした葉が絡み合って美しい茂みを作り出します。水槽では葉の色は明るいグリーンで非常に美しい姿を見せてくれます。またCO2添加時には美しい気泡を見せてくれる独特な魅力があります。古くから人気のある水草として水草水槽ではよく使われる種類の水草です。水槽サイズは小型水槽から大型水槽まで、流木や石に合わせて配置して使えます。

リシアの気泡
リシアの気泡

水草名 リシア
学名 Riccia fluitans
難易度 B-C
照明 普通-強め
CO2 普通-強め
PH 6.0-7.0
KH 0-2.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

リシアの葉はY字の形をして、そのY字が絡み合って茂みを作ります。根を張らない為、自力で石や流木などに活着することはできない為、テグスなどの糸を使って流木や石に巻き付けて育てます。またはリシアネットを使いリシアを沈めてリシアの絨毯を作ることができます。リシアは弱酸性から中性の水質を好みます。底床は大磯などの砂利でも育成は可能ですが弱酸性を保ちやすいソイルが育てやすいです。リシアはCO2と光量をある程度要求してくる水草です。CO2の添加がない場合は、底床はソイルで水替えによる水道水に含まれるCO2を供給するとうまく育てられることが多いです。水道水の水には多くのCO2が含まれており、水槽の1/3程度の水替えを2日~3日に1回行います。CO2と光量が十分供給されていると、リシアのY字の葉が太く育ち、葉の色も明るい色になります。逆にCO2や光量不足になるとY字が細くなり、葉の色も薄くなります。液肥は効果的ですが、コケがでないように注意が必要です。また照明が弱すぎたり、CO2添加が不足しているとうまく育たない場合があります。

リシアの育成方法
リシアの育成方法

トリミング・増やし方

リシアは非常に成長の早い水草です。環境によっては2~3週間もするとトリミングが必要な状態になります。トリミング方法は、伸びたリシアを刈り込むようにしてカットしていきます。リシアの増やし方は、トリミングでカットした部分を再利用することができます。またリシアを水槽に浮かべておくことで増やすことができます。リシアを水槽に浮かべて置くときに粗目のネットに入れて浮かべておくことで、リシアが散らばらなくてすみます。

枯れる・溶ける

リシアはコケが付きやすい水槽の状態だと、葉にコケが付き成長が遅れたり枯れたりすることがあります。リシアの育成ポイントは、強い照明下でも黒髭ゴケやアオミドロなどコケが出づらい水質で光合成の気泡が出てくる程度のCO2を添加が重要になります。コケ対策には、ヤマトヌマエビやミナミエビを入れると効果的です。

3.絨毯の作り方・沈め方

リシアの沈め方は大きく3つの方法があります。一つ目は平ぺったいリシアストーンやウィローモスプレートに糸で巻き付ける方法です。二つ目はリシアネットに入れて沈める方法です。三つ目は流木に巻きつける方法です。

石やプレートに巻き付けて沈める方法

リシアを巻く石は、リシアやウィローモス用にひらぺったい石が売られています。このリシアストーンやウィローモスプレートを使い底床をリシアで敷き詰めていくことで自然なリシアの絨毯の茂みが作れます。リシアと石は透明の糸の釣り糸(テグス)を使うことで目立たなく綺麗に巻くことができます。

石やプレートに巻き付けて沈める方法
石やプレートに巻き付けて沈める方法

リシアネットに入れて沈める方法

リシアネットは金網のように沈む素材のものを使用すると便利でリシアをリシアネットの中にいれるだけで設置が完了します。メンテナンスに優れているのが特徴です。

リシアネットに入れて沈める方法
リシアネットに入れて沈める方法



流木に活着させる方法

リシアを流木に巻くことで、流木に苔が生えたような自然観を演出することができます。テグスで流木にリシアを巻いていく際は、あまり巻きすぎないことがポイントです。

流木に活着させる方法
流木に活着させる方法

4.成長記録

5.リシアの動画

6.リシアの写真

美しいリシアの気泡
美しいリシアの気泡
流木に巻かれたリシアを使った水草レイアウト
流木に巻かれたリシアを使った水草レイアウト

7.リシアを使ったレイアウト例

2017年に行ったネイチャーアクアリウム展で展示されていた、リシアを使ったレイアウトです。(撮影許可、ブログ掲載が許された写真展です。)

光影の水辺

「幼いころ遊んだ水辺。水中に潜ると、水面から差し込む光を受けて水草が色鮮やかに輝き、水草の周りを泳ぐ小さな魚たちは自然の仕組みを教えてくれる。そんな水辺の光景が、ネイチャーアクアリウムの原点となった。」/展示説明より/水槽サイズ W90×D45×H45/1994年

リシアを使ったレイアウト例(ADA作品「光影の水辺」)
リシアを使ったレイアウト例(ADA作品「光影の水辺」)

原生林輝く

「ネイチャーアクアリウムのヒントはすべて自然の中にある。大きな風景の中には構図のヒントがあり、小さな草むらの中には植栽のヒントがある。生命力に満ち溢れた水草の茂みは若葉の輝く原生林から着想を得た。」/展示説明より/水槽サイズ W180×D60×H60/1996年

リシアを使ったレイアウト例(ADA作品「原生林輝く」)
リシアを使ったレイアウト例(ADA作品「原生林輝く」)



One thought on “【動画付き】リシアの育て方 絨毯の作り方からレイアウト例まで

コメントを残す

error: Content is protected !!