オーストラリアン ノチドメ クローバーを連想させる水草

1.特徴

オーストラリアン ノチドメは明るい緑のクローバーを連想させる可愛らしい水草です。別名はオーストラリアン クローバーとも呼ばれています。日本でもノチドメ(Hydrocotyle maritima)は自生しておりノチドメは漢字で野血止(のちどめ)と書き、葉には止血剤の成分が含まれて血を止める効果があるそうです。葉の直径は1.5~3㎝ほどの大きさになります。オーストラリアンノチドメ(Hydrocotyle tripartita)と日本のノチドメ(Hydrocotyle maritima)の違いはオーストラリアンノチドメのほうが葉の切れ込みが深く入ります。レイアウトでは小型水槽から大型水槽の前景に最適な水草です。密生させたオーストラリアン ノチドメは自然観あふれる茂みを演出してくれます。オーストラリアン クローバーはネットショップではじめて知った水草で、比較的近年紹介された水草です。ネットショップでは入手しやすい水草です。

オーストラリアン ノチドメ
オーストラリアン ノチドメ

別名 オーストラリアン クローバー/オークロ
学名 Hydrocotyle tripartita
難易度 B-C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

オーストラリアン ノチドメは水質にうるさくなく、ソイルや砂利のどちらでも育成できます。ソイルであればCO2はなくても育成できます。綺麗なクローバーの絨毯を作るにはCO2添加、強めの光量が効果的です。成長は比較的早く、光量が足りないと立ち上がってきます。写真のオーストラリアン ノチドメは砂利、CO2は1秒に1滴、蛍光灯4灯で育成しています。肥料はコケが出ていなければ、液肥添加だけで育成できます。もし水槽にコケがはいているような状態で、成長不良を起こしている場合は固形肥料を追肥してあげるとよいでしょう。


 

トリミング・増やし方

オーストラリアン ノチドメのトリミングはグロッソスティグマやヘアーグラスなどの前景用水草のトリミングや増やし方と若干違います。グロッソスティグマとの違いは、グロッソは底床に這うように育ちますが、オーストラリアン ノチドメはツルのように新芽を斜め上に伸ばして増えていきます。トリミングは葉が上に伸びた4~5㎝部分をカットして、底床に差し戻して増やしていく感じです。ある程度差し戻しをすると隣り合う葉と絡み合って綺麗な絨毯ができます。

斜め上に伸びるオーストラリアン ノチドメ
斜め上に伸びるオーストラリアン ノチドメ

枯れる・溶ける

オーストラリアン ノチドメは比較的成長が早く育てやすい水草ですが、比較的コケが付きやすい水草に感じます。コケが付いた葉は黄色くなったり枯れたりします。コケの付いて、白化や黄色くなった葉はトリミングの際にカットします。茎が3~4㎝の長さの綺麗な葉の部分を差し戻すことで再生します。
 



3.成長記録

植栽時はリセット直後で、二か月くらいコケが出やすい状態で、成長が良くありませんでしたが2ヶ月過ぎたころからコケがおさまりつつオーストラリアン ノチドメの成長にスイッチが入りました。


 

4.オーストラリアン ノチドメの写真

青い魚はダイヤモンドネオンテトラです。

真上から撮影したオーストラリアン ノチドメの茂み
真上から撮影したオーストラリアン ノチドメの茂み

オーストラリアン ノチドメの茂み
オーストラリアン ノチドメの茂み

ラージパールグラスのような大きな気泡を見せるオーストラリアン ノチドメ

オーストラリアン ノチドメの光合成による大きな気泡
オーストラリアン ノチドメの光合成による大きな気泡



One thought on “オーストラリアン ノチドメ クローバーを連想させる水草

コメントを残す

error: Content is protected !!