ハイグロフィラ ピンナティフィダ 石や流木に活着できる有茎草

1.特徴

ハイグロフィラ ピンナティフィダは、緑から茶系の葉をした有茎水草です。葉の長さは6~10㎝ほどになり、葉はギザギザの切れ目がはいった独特な形をしています。ハイグロフィラ ピンナティフィダは密生させると茶系の色と緑色が混在した色になり落ち着いた美しい茂みができます。ハイグロフィラ ピンナティフィダの密生させた水槽にカージナルテトラのような美しい熱帯魚を泳がせて楽しみたい水草です。カージナルテトラの写真と飼育方法はこちらからご覧ください。有茎水草ですが底床に直接植えないで、流木や石に活着させてレイアウトに使えることができるために、ネイチャーアクアリウムをはじめ非常によく使われる水草です。流通も多く、1本からポット、組織培養のカップなどで販売され、価格も安定して入手しやすい水草です。

ハイグロフィラ ピンナティフィダ
ハイグロフィラ ピンナティフィダ
別名
学名 Hygrophila pinnatifida
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.2-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

 

2.育て方

ハイグロフィラ ピンナティフィダの育成は、ソイル、砂利どちらの環境でも育成は可能です。ハイグロフィラ ピンナティフィダは水質にはさほどうるさくありませんが、パールグラスのようにある程度硬度があるほうが育成しやすい水草です。光量、CO2量は少なくても育成できますが、光量、CO2ともに光合成の気泡が見られる程度の量があると綺麗に育ちます。


 

トリミング・増やし方

ハイグロフィラ ピンナティフィダは、茎が横にランナーのように伸びて増えていきます。石の上や流木でも底床がなくても増えることができます。トリミングは、上に長く伸びた茎を根元から2~3㎝程度の高さでカットします。また横に増えすぎたランナー状の茎もカットしてレイアウトを乱さないようにトリミングする必要があります。

ランナーのように茎が伸びて増えていくハイグロフィラ ピンナティフィダ
ランナーのように茎が伸びて増えていくハイグロフィラ ピンナティフィダ


 



枯れる・溶ける

ソイルの立ち上げ時など軟水の水質に弱く、成長が著しく遅くなり、成長できずに葉が枯れたり溶けたりすることがあります。ソイルの立ち上げ時に成長が遅い場合は、水替えの回数を増やし、水質に硬度を持たせてあげると改善しやすい状態になります。またソイルでRO水で割った軟水では、育ちづらくハイグロフィラ ピンナティフィダの育成には不向きです。ハイグロフィラ ピンナティフィダの葉にコケが付くと成長が遅くなり、枯れたり溶けたりすることがあります。コケ対策にはオトシンクルスの仲間のオトシンネグロがおすすめです。オトシンネグロは茶系なのでハイグロフィラ ピンナティフィダの葉についても目立たなくレイアウトの景観を壊しません。オトシンネグロの写真と飼育方法はこちらからご覧ください

3.成長記録

4.ハイグロフィラ ピンナティフィダの写真

写真はネイチャーアクアリウム展で展示されていたハイグロフィラ ピンナティフィダを使ったレイアウトです。雲山石にハイグロフィラ ピンナティフィダを活着させ、使用している水草はプレミアモス、ウィローモスの全3種類のシンプルなレイアウトですが非常に見ごたえのある素晴らしいネイチャーアクアリウムです。

ネイチャーアクアリウム ハイグロフィラ ピンナティフィダ
ネイチャーアクアリウム ハイグロフィラ ピンナティフィダ

ネイチャーアクアリウム ハイグロフィラ ピンナティフィダ
ネイチャーアクアリウム ハイグロフィラ ピンナティフィダ


One thought on “ハイグロフィラ ピンナティフィダ 石や流木に活着できる有茎草

コメントを残す

error: Content is protected !!