ラガロシフォン マダガスカリエンシス 繊細で透明感ある水草

1.特徴
2.育て方
3.ラガロシフォン マダガスカリエンシスの写真

1.特徴

ラガロシフォン マダガスカリエンシスは透明感あるグリーンと繊細な葉が美しい水草です。ラガロシフォン マダガスカリエンシスはマヤカによく似ていますが、マヤカより葉が長くなります。ラガロシフォン マダガスカリエンシスの葉の長さは2㎝~3.5㎝程度になります。またまっすぐ成長せず、くねくねと曲がった成長の仕方をします。葉の長さは水槽の栄養分やCO2量など環境によってかわってきます。レイアウトではある程度密生させないと、スカスカな茂みになるので後景に植栽する際はある程度ボリュームを付けないと綺麗な茂みになりません。レイアウトの配置は、中景から後景に植栽するとよいでしょう。清流のような透明感ある涼しげなレイアウトには是非使ってみたい水草の一つです。

ラガロシフォン マダガスカリエンシス
ラガロシフォン マダガスカリエンシス

別名 ラガマダ
学名 Lagarosiphon madagascariensis
難易度 C
照明 普通
CO2 弱い~普通
PH 6.0-7.0
KH 0.0-1.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ラガロシフォン マダガスカリエンシスの育成は、底床はソイルが育てやすいです。ソイルの場合は、CO2を添加しなくても育成は可能ですが、綺麗な茂みを作る場合は、CO2添加、強い照明が重要になります。砂利での育成は、可能ですが炭酸塩硬度を1度以下にすることで育てやすくなります。ラガロシフォン マダガスカリエンシスの成長は環境に合うまで比較的緩やかに成長しますが、環境に合うとスピードが速くなります。CO2、照明、栄養分はさほど高く要求してきません。環境が合うまで成長が緩やかなので一度植栽したら根を張るまでじっくり育てましょう。



トリミング・増やし方

ラガロシフォン マダガスカリエンシスのトリミングは、15㎝以上成長してから水草の半分くらいの高さでカットして、カットした部分を差し戻していきます。トリミングと差し戻しを繰り返し水草の茂みにボリュームをつけながら増やしていきます。

枯れる・溶ける

ラガロシフォン マダガスカリエンシスは軟水を好む水草です。枯れたり溶けたりする原因の一つに硬度が高く水草の成長が極端に遅くなりコケなどに覆われて枯れてしまうケースがあります。またトリミングをした際に、カットした部分が枯れだしたりすることがあります。またラガロシフォン マダガスカリエンシスの葉は草食性の強い熱帯魚に食害されることもあるので注意が必要です。グリーンファイヤーテトラなど草食性のある魚がいる場合は、ラガロシフォン マダガスカリエンシスの葉をすべて食べられてしまうことがあります。

グリーンファイヤーテトラ
グリーンファイヤーテトラ

3.ラガロシフォン マダガスカリエンシスの写真

ラガロシフォン マダガスカリエンシスの写真
ラガロシフォン マダガスカリエンシスの写真
ラガロシフォン マダガスカリエンシスの写真
ラガロシフォン マダガスカリエンシスの写真


One thought on “ラガロシフォン マダガスカリエンシス 繊細で透明感ある水草

コメントを残す

error: Content is protected !!