ルドウィジア セネガレンシス オレンジ色が美しい水草

1.特徴
2.育て方
3.育成記録

1.特徴

ルドウィジア セネガレンシスは、オレンジから赤色の色彩を持つ葉が美しい水草です。葉は1㎝~2㎝ほどで丸みがある形をしています。葉にウェーブがかかり、葉の色の赤は水彩的な、独特な色彩をしているのも特徴です。一目見て、すごく綺麗な水草だなと思い購入した記憶があります。レイアウトには中景から後景のワンポイントになる水草です。

ルドウィジア セネガレンシス
ルドウィジア セネガレンシス

別名 ルドウィジアsp.ギニア産
学名 Ludwigia senegalensis
難易度 C-D
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.0
KH 0-2.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ルドウィジア セネガレンシスの育成は、軟水の炭酸塩硬度(KH)は1以下、CO2の添加、照明は強めが理想です。底床がソイルとCO2を添加していれば、さほど難しさは感じないと思います。ルドウィジア セネガレンシスは、成長スピードの早いルドウィジアの仲間でルドウィジア セネガレンシスも成長の早い水草です。

トリミング方法・増やし方

ルドウィジア セネガレンシスを植栽して水上葉から水中葉に1週間ほどで水中葉に移行し、2~3週間後に最初のトリミングのタイミングがきます。(トリミングのタイミングはCO2量など育成環境によって違いはあります。)1回目のトリミングは水草が伸びた部分をカットして、カットした上の部分を底床に差し戻していきます。増やし方は、トリミングの差し戻しを繰り返すことによって水草のボリュームを増やすことができます。トリミングしたカットした部分から脇目がでてきます。トリミング後は、成長はゆるやかになります。水槽の立ち上げ時期などトリミング後はコケが付きやすい時期にもなるので注意は必要です。コケの付着やトリミングによって、葉が溶け出したりすることがあります。若干水質変化に弱い面があるように感じます。



3.育成記録



コメントを残す

error: Content is protected !!