【成長が早い】マヤカ 繊細な葉が美しい茂みを作る有茎水草

1.特徴

マヤカは透明感のある細い葉が美しい有茎水草です。マヤカの葉の長さは約10mm、葉幅は1mm程度の細かい葉が特徴です。水草の形状としてはラガロシフォン マダガスカリエンシスに似た印象を受けます。ラガロシフォン マダガスカリエンシスのほうが葉が一回り大きくなり、うねうね枝分かれして育つのに対して、マヤカは縦に伸びて成長します。レイアウトでは、後景の植栽に適しています。トリミングを繰り返してできた密生したマヤカの茂みは非常に美しいです。成長スピードは成長の早いロタラよりさらに早い印象を受けます。水槽サイズは小型水槽でも可能ですが成長が早いため維持に手間がかかります。中型から大型水槽に適した水草です。マヤカは流通も多く定番の水草です。

マヤカ
マヤカ

別名
学名 Mayaca fluviatilis
難易度 B
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.0
KH 0.5-2.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

マヤカの育成は成長が早く比較的容易に育てられる種類の水草です。CO2添加はなくても育てられますが、CO2添加をすることで美しい茂みをつくることができます。CO2添加がない場合は底床はソイルを使い週に3回程度水替えによる水道水に含まれているCO2を供給をするとよいでしょう。底床はソイルでの育成が育てやすいです。砂利での育成も可能です。比較的容易に育てることができるので初心者にも育てやすい種類の水草です。

トリミング・増やし方

マヤカのトリミングは植栽から2~3週間でトリミングのタイミングがきます。背丈の半分の高さでカットして、カットした上部を底床に植え直します。(差し戻し)差し戻しを繰り返すことによって、増やしていき美しい茂みを作ることができます。

枯れる・溶ける

マヤカは光量、CO2量、肥料分はさほど要求してきませんが、水質のバランスが悪いと葉が白化したり成長が止まったりすることがあります。葉が白化したときは、まずはCO2量と炭酸塩硬度KHを確認してください。それでも改善できない場合は光量、最後に栄養分の追肥になります。成長の早いマヤカにコケがつくような水槽では、マヤカの葉にコケがつくことによって成長が鈍り枯れたり溶けたりすることがあります。



3.成長記録

マヤカの育成は60cm水槽で育成しています。週に2回1/3程度の量の水替えを行っています。水替え時に液肥を適量添加しています。

4.マヤカの写真

繊細な葉が美しいマヤカ
繊細な葉が美しいマヤカ
成長の早いマヤカ
成長の早いマヤカ
透明感ある葉が特徴のマヤカ
透明感ある葉が特徴のマヤカ


コメントを残す

error: Content is protected !!