ラージパールグラスの魅力

1.特徴

ラージパールグラスは明るいグリーンの小さな丸い葉がとても可愛らしい魅力ある水草です。ラージパールグラスを密生させた茂みはレイアウトでも目を引くワインポイントになります。ラージパールグラスの茂みに青と赤に輝くネオンテトラなど美しい熱帯魚が泳ぐ水槽は見ていて癒されます。ネオンテトラの動画や飼育方法はこちらから。水槽サイズは小型水槽ではレイアウトの後景、中型水槽から大型水槽ではレイアウトの中景から後景の植栽が適しています。

ラージパールグラス
ラージパールグラス

水草名 ラージパールグラス
学名 Micanthemum umbrosum
難易度 B-C
照明 普通~強め
CO2 低い
PH 6.0-7.0
KH 0-3.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育成ポイント

ラージパールグラスはCO2が多く添加されている水槽では非常に成長が早く、肥料分を多く要求する水草です。底床はソイルを使うと育成しやすい水草です。水質は弱酸性を好み、PHが6.5前後やソイルであればCO2を添加しなくても育成は可能ですが、綺麗に育てるためにはCO2添加が効果的です。CO2添加量を抑えて育成してやると成長も緩やかになり肥料分も底床肥料だけで十分育成が可能です。ただしCO2を添加しない場合は間延びをしたような感じに育つことがあります。底床は普通の砂利でも育成可能ですが、弱酸性を好む草なのでソイルの方が育てやすい草です。



トリミング・増やし方

ラージパールグラスの増やし方はトリミングにより差し戻しやカットを繰り返し増やしていくことができます。新芽は、枝分かれが多く一つの茎からいくつも枝分かれしてボリュームがつきます。ラージパールグラスは根の張りが弱く、ボリュームが付きだすと浮かんできてしまう場合があるので深めに植えます。

枯れる・溶ける

ラージパールグラスは環境が合わないと成長が極端に遅い場合があります。これは根が張って環境に適応するまで数週間~数カ月間かかる場合があります。また大磯や硬度が高い水で育てると葉に穴が開いたり葉が白化したりという事例を目にします。またCO2や光量などバランスが悪いと間延びしたり綺麗な茂みにならないことがあります。肥料不足になると葉が小型してくるので固形肥料を根元に追肥してあげると改善されます。またラージパールグラスの葉にコケが付くような水槽の状況だと、成長が鈍り枯れたり溶け出したりすることがあります。コケ対策には、ヤマトヌマエビを入れると効果的です。ヤマトヌマエビの記事はこちらからご覧ください。またトリミングを繰り返していると茎の下部から枯れてくるので、状態を見て下の枯れた部分を抜き取り綺麗な上部を差し戻してあげる必要があります。


ラージパールグラスは成長が早い水草です。水草の上部は綺麗でも下部から枯れだしてきます。写真のような状態になった場合は上部をカットして枯れてしまった部分は引っこ抜き、カットした水草の上部を差し戻しします。

育成環境例
水槽サイズ Tank W60㎝×D45㎝×H45㎝
照明 Lights 20W×4
照明時間 Light Timer 7時間 7hours
二酸化炭素 CO2 1秒に1滴7時間 7hours 1drops/s
水温 Temperature 24.5℃
底床 Substrate 富士砂 Fuji sand
PH 6.5-7.2
炭酸塩硬度 KH 0.5°dH
リン酸塩 PO4 0.1ppm以下
硝酸塩 NO3 1ppm以下
伝導率 TDS 20-30ppm

3.ラージパールグラスの動画



One thought on “ラージパールグラスの魅力

コメントを残す

error: Content is protected !!