ニューラージパールグラス 繊細な茂みを作る前景用の水草

1.特徴

ニューラージパールグラスは、底床を這うように育つラージパールグラスの改良品種です。ラージパールグラスは有茎草なので、底床を這うというイメージは連想できませんが、ラージパールグラスというよりキューバパールグラスに近い印象の水草です。キューバパールグラスとの違いは、ニューラージパールグラスのほうが成長が早く、葉が大きいのが特長です。ニューラージパールグラスの葉の大きさは4mm~8mm程度の大きさにしかなりません。ニューラージパールグラスは前景種の中では比較的育てやすくおすすめな水草です。レイアウトでは石組みで使われることが多く、石の周りを草原のようにニューラージパールグラスを敷き詰めることで美しい水景のレイアウトができます。明るいグリーンに映える青と赤に輝くネオンテトラがよく似合う水草です。ネオンテトラの動画と飼育方法はこちらからご覧ください。水槽サイズは小型水槽から大型水槽まで前景用の水草として使いやすい水草です。ニューラージパールグラスはポット、パック、組織培養で販売されているものが流通しています。

ニューラージパールグラス
ニューラージパールグラス

別名 ミクランテムムsp.
学名 Micanthemum sp.
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ニューラージパールグラスの育成は、弱酸性から中性の水質を好みます。底床はソイル、砂利どちらでも育成は可能です。パールグラス系はある程度硬度があるほうが成長が良く、ソイルなど立ち上げ直後などは成長が著しく遅くなる場合があります。その場合は、水替えを頻繁に行うことで、水質がある程度改善され、成長が促進されます。ニューラージパールグラスは、美しい茂みを作るには光量、CO2量は光合成の気泡が見られる程度与えるとよいでしょう。

トリミング・増やし方

ニューラージパールグラスは這って成長し密生しながら成長します。葉が重なり成長して高さがでてきて、下の部分の草が枯れだしてきます。厚み出すぎる前にトリミングすることで、下部の劣化を防ぎ、次の新芽の展開がスムーズにいきます。トリミングは厚みがでたら草の塊をばっさりハサミで刈り込むようにカットします。しかしこのトリミング方法にも限界があり、環境にもよりますがこのトリミングを1~3回程度繰り返すと限界がきますので、葉が黄色くなったり新芽の展開が鈍った場合は、一度ニューラージパールグラスを抜き植栽しなおす必要があります。

枯れる・溶ける

砂利などの環境によってはニューラージパールグラスはコケが付きやすい水草に感じます。コケが付いたりした場合は成長が鈍り枯れたりすることがあります。またCO2や光量が足りず、成長が鈍りコケにやられてしまうケースもあります。改善には水替えによる新しい水の換水が効果があります。コケ除去対策にはヤマトヌマエビが効果的です。ヤマトヌマエビの記事はこちらからご覧ください。また熱帯魚の餌の食べ残はコリドラスなど底床の掃除屋さんがいると良いです。白と黒の模様のコリドラスパンダがニューラージパールグラスの絨毯の上を泳ぐ姿もまた可愛いです。コリドラスパンダの写真と飼育方法はこちらからご覧ください



3.成長記録

育成した環境は富士砂で育成しています。植栽直後からコケが付き成長が鈍っていましたが、植栽から3か月もすると前景に広がっています。60㎝ワイド水槽にCO2は1秒に1滴、照明は20W×4灯、水替えは週2回RO水で調整した水で換水しています。水質はPHは6.6(測定した時間が消灯前でCO2が一番溶け込んでいる時間帯、PHは6.5~7付近の水質)、炭酸塩硬度KH1.5、TDS57ppmの水質の環境で育成しています。



2 thoughts on “ニューラージパールグラス 繊細な茂みを作る前景用の水草

コメントを残す

error: Content is protected !!