オランダプラント 中景から後景に美しい茂みを作る有茎水草

1.特徴

オランダプラントは、水槽環境によって明るいグリーンから赤味を帯びたピンク色になります。
葉の幅は2mm~3mm、葉の長さは5cm~7cmの細長い葉が特徴の水草です。オランダプラントは、古くから水草愛好家に親しまれている水草です。水草動画も大好きな水草の種類の一つです。レイアウトでは、中景から後景に使われることが多い水草です。水槽サイズは、中型水槽から大型水槽まで適した水草です。流通は多くショップでは水上葉でポットやバラ売りで売られていることが多い水草です。状態の良い水上葉から枝分かれした水中葉が展開して、こんもりした美しい茂みを作ります。

オランダプラント
オランダプラント

ニューオランダプランツとの違い

オランダプランツに「ニュー」がついたニューオランダプランツという水草があります。ニューオランダプランツとの判別は容易で、ニューオランダプランツは葉の長さが短く葉幅が太く、ニューオランダプランツのほうが一回り小さい水草です。

ニューオランダプラントと比較
ニューオランダプラントと比較

動物のしっぽに似た水草

オランダプラントは、ミズネコノオ、ミズトラノオ(グリーンオランダプラント)の仲間で、その名の通り猫の尾、トラの尾の様な細い葉が特徴の水草です。ミズネコノオ、ミズトラノオの仲間は日本の水田や湿地でも自生している水草の種類の一つです。尾に似た水草といえばリスノシッポ(リスの尻尾)が有名です。オランダプラントはリスノシッポより大きくなります。どちらとも美しい水草です。

別名 ミズネコノオ
学名 Pogostemon stellatus
難易度 C-D
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.0
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

育成はやや難とされる水草ですが、ソイル、光量、CO2がきんちんと確保されていれば差ほど難しさは感じません。育成はソイル、砂利どちらでも育成は可能ですが、ソイルで育成すると育てやすい水草です。肥料は液肥だけでも十分育成できますが、底床肥料にイニシャルスティックを2か月~3か月に一度根元に数本を追肥するとよいでしょう。液肥の場合は、水替え後に適量を添加するとよいです。

トリミング・増やし方

オランダプラントは、比較的成長が早く2~3週間でトリミングのタイミングがきます。トリミングは、ある程度水草の丈が伸びた状態でカットします。トリミング後の差し戻しは、10cm程度の高さになるようにして光量を確保できるとうまく増やしていくことができます。



枯れる・溶ける

オランダプラントの成長が遅かったり、枯れたりする場合は、CO2量、光量、水質の3つを確認ください。CO2量の目安は、水槽全体の水草が光合成の気泡が見られる程度の量を添加するようにします。光量は前景用の水草が求めるような強い光量は必要ありませんが、光量が足りないと成長が鈍り、コケが付着して溶けたり枯れたりすることがあります。水質は、KH(炭酸塩硬度)が低めの軟水の水質を好みます。ソイルが半年以上経過して、CO2や光量に変化がないのに成長が鈍ったり、葉が縮れるような場合はソイルが劣化して水質の硬度が高くなった場合があります。またトリミング後で背丈が低すぎると光量がたりなくなり成長が悪くなってしまう場合があります。

3.成長記録

成長記録のオランダプラントの育成は、底床は富士砂で育成しています。軟水を維持するためにRO水による水質調整を行っています。肥料は水替え時に液肥のみで育成しています。

4.オランダプラントの写真

レイアウトの中央後景に植栽したオランダプラント
レイアウトの中央後景に植栽したオランダプラント
美しいオランダプラントの茂み
美しいオランダプラントの茂み


コメントを残す

error: Content is protected !!