ボルビティス ヒュディロティ 流木や石に活着できる陰性水草

2020年10月23日

1.特徴

ボルビティス ヒュディロティは、緑の濃い葉が美しい陰性水草です。石や流木に活着できる為、アヌビアスの仲間やミクロソリウムの仲間と同じように人気のある水草です。葉の一枚の大きさは葉幅は約1cm、葉の長さは約5cm程度ですが、葉の全体の大きさは20cm~40cm以上になり、比較的大型になります。水槽サイズは、中型から大型水槽に向いています。レイアウトでは、中景から後景に使い、流木に活着させて使うことが多いです。流通も多く入手しやすい水草です。

ボルビティス ヒュディロティ

別名 アフリカミズシダ、ボルビチス ヒュディロティ
学名 Bolbitis heudelotii
難易度 B-C
照明 弱~普通
CO2 弱~普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-3.0
成長速度 遅い
大きさ・高さ 中型~大型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ボルビティス ヒュディロティは、丈夫で育成しやすい水草です。環境によっては、CO2なし、弱い照明でも育成は可能です。しかし美しい綺麗な茂みを作るには、十分な光量とCO2添加が効果的です。ボルビティス ヒュディロティはミクロソリウムのように成長が遅いです。植栽から半年から1年過ぎると、葉のボリュームが付き成長も早く感じるようになります。今回チャームさんで、訳アリ商品?少し枯れた部分などがある価格が安いB品を購入しましたが、育成には問題ない状態のボルビティス ヒュディロティでした。

植え方

植え方は、直接底床に植えるのではなく、石や流木に釣り糸や園芸用品のPETタイで活着させるとよいです。園芸用品のPETタイを使った活着方法はこちらの記事を参考にしてください。

トリミング・増やし方

ボルビティス ヒュディロティは、ある程度成長して、葉にボリュームが付きだした頃にトリミングがよいです。トリミング方法は、株のちかく、葉の根元からカットします。特に葉が密生した部分は枯れやすいので、枯れてきたり、黒くなった葉をトリミングしていきます。

枯れる・溶ける

葉が黒くなったり、茶色くなる原因は、葉が古くなり成長が止まることで枯れだすことが多いです。また極端にCO2量や光量が不足しいる場合にも起こりやすいです。ボルビティス ヒュディロティの改善方法は、葉の裏から気泡が出る程度の、CO2量、光量を添加すると事で成長を促進でき、成長不良を改善できます。またCO2添加していない水槽であれば、水替え頻度を増やすことによって水道水に含まれるCO2により光合成を促進できます。CO2添加していない場合は、週2回の水替えにより、維持しやすくなります。

3.成長記録

ボルビティス ヒュディロティの成長スピードは遅く、コケの出ない環境でじっくり育成したい水草です。ボルビティス ヒュディロティの育成環境は、照明はGEXのクリアLEDパワー3、底床はGEXのリーフプロソイル ノーマルを使っています。CO2添加は90Lの水槽に対して2秒に3滴の量を添加しています。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。

4.ボルビティス ヒュディロティの写真

ボルビティス ヒュディロティを使ったレイアウト
ジャングルのような茂みを作るボルビティス ヒュディロティ
大きくなったボルビティス ヒュディロティ