ラゲナンドラ ミーボルディ レッド 広い楕円形の葉が貴重な水草 

1.特徴

ラゲナンドラ ミーボルディ レッドは、葉の広い丸い形状(楕円)が魅力の水草です。水上葉は広い葉をしていても、水中葉になると細長くなってしまう水草が多いですが、ラゲナンドラ ミーボルディ レッドは、水中葉も大きな丸い楕円状の葉をしています。葉の大きさは、葉の長さは約6cm、葉幅は約3cmの広い葉をしています。葉の色は、渋みのある赤味の濃い茶系から緑がかった明るい茶系色をしています。クリプトコリネと同様のサトイモ科の水草です。レイアウトでは、中景のワンポイントに適した水草です。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽に適しています。大型水槽であれば、前景のワンポイントとしても重宝します。流通は多くありませんが、水草を多く取り扱っているショップやネットショップで入手しやすい水草です。

ラゲナンドラ ミーボルディ レッド

別名 ラゲナンドラ メボルディ レッド
学名 Lagenandra meeboldii
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 遅い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ラゲナンドラ ミーボルディ レッドの育成はショップでは育てやすい水草と紹介されることがありますが、十分なCO2量、光量により美しく育てられます。水質はソイルを使った弱酸性から中性の軟水の水質を好みます。

ポット ラゲナンドラ ミーボルディ レッド

ポットの大きさ ラゲナンドラ ミーボルディ レッド
ポットから取り出す ラゲナンドラ ミーボルディ レッド
株の大きさ ラゲナンドラ ミーボルディ レッド
植え方

ラゲナンドラ ミーボルディ レッドの植え方は、ポットから取り出して、1株ずつソイルに植えていきます。植栽は2~3cm間隔でピンセットで、約2cmの深さに植栽します。水上葉の場合はさらに深めに植栽すると浮かびづらくなります。

トリミング・増やし方

ラゲナンドラ ミーボルディ レッドは、葉が増えてくると、株も大きくなり株分けして増やすことができます。トリミングは密生しすぎた部分の葉のカットや株の間引きによって、ボリュームを調整します。

枯れる・溶ける

成長が遅いためコケがつきやすく、新しい葉が展開する前にコケに覆われてしまい、水草にダメージを与えてしまう場合があります。また水槽に入れてから1~2週間で葉が溶けてしまう場合は、水質変化が影響が考えられます。葉がすべて溶けてしまっても株が残っていれば新しい葉が展開するので、株は捨てないでじっくり新しい芽がでるまで待ちましょう。光合成に必要な光量やCO2が長期間不足すると、成長できずに葉が小型化したり、枯れたりします。

3.成長記録

ラゲナンドラ ミーボルディ レッドの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。2~3ヶ月に1回様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックを追肥しています。

4.ラゲナンドラ ミーボルディ レッドの写真

ラゲナンドラ ミーボルディ レッドの写真
真上からラゲナンドラ ミーボルディ レッド