ミクロソリウム ウェンディロフ 枝分かれした葉先がユニークな陰性水草

2020年10月23日

1.特徴

ミクロソリウム ウェンディロフは、繊細な茂みを作るミクロソリウムの仲間です。通常のミクロソリウム プテロプスの葉の先端が何本も枝分かれしたような細い葉をしています。1枚の葉は15cm~20cmの長さ、葉の先の細かい部分は約5cmの長さで、葉幅は3~5mm程度です。レイアウトでは流木に活着させて、中景から後景に配置することが多いです。水槽サイズは、小型水槽での育成も可能ですが、中型から大型水槽に適した水草です。流通は通常のミクロソリウム・プテロプスと比べて多くありませんが、水草専門店や水草を多く扱っている熱帯魚ショップ、ネットショップで入手しやすい水草です。

ミクロソリウム ウェンディロフ

別名
学名 Microsorum pteropus var. Windelov
難易度 B-C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.5
KH 0.5-2.5
成長速度 遅い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ミクロソリウム ウェンディロフは、丈夫で育成しやすい水草として紹介されることが多い水草ですが、成長が遅くコケがつきやすい水草です。水質は弱酸性から中性を好み、底床はソイルの育成が適しています。CO2を添加している水槽であれば砂利でも美しく育成できます。

植え方・活着方法

ミクロソリウム ウェンディロフは底床に植えるのではなく、流木や石に巻き、水槽に設置していくことが多いです。流木や石に巻く際は、ハリス(釣り糸)や写真の様な針金で巻くとよいでしょう。

トリミング・増やし方

ミクロソリウム ウェンディロフのトリミングは、水槽の適応にやや時間がかかり3~6か月程度すると成長スピードが上がり葉のボリュームがついてきます。葉が密生しだしたら、古い葉やコケの付いた汚れた葉をカットしていきます。古い葉は黒ずんできたり、茶色く枯れてくることがあります。増やし方は、株が大きくなり、株を小分けして増やしたり、葉の裏の胞子から子株の根が出ててくるので、根の出た葉をカットして増やすことができます。

葉の先端の胞子から子株(ミクロソリウムナロー)

枯れる・溶ける

ミクロソリウム ウェンディロフは、丈夫で枯れにくい水草ですが、成長不良により葉が枯れたりする場合があります。また成長が遅いため、コケがつきやすく、コケの付いた葉は成長できずにコケまみれになることがあります。上手に育てる為には、コケが発生しずらい環境での育成が重要になります。またCO2添加の無い水槽で、成長が遅かったり枯れる場合は、水替え頻度を増やすことで改善が期待できます。

3.成長記録

ミクロソリウム ウェンディロフのトリミングの成長スピードは遅く、コケの出ない環境でじっくり育成したい水草です。ミクロソリウム ウェンディロフのトリミングの育成環境は、照明はGEXのクリアLEDパワー3、底床はGEXのリーフプロソイル ノーマルを使っています。CO2添加は90Lの水槽に対して2秒に3滴の量を添加しています。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。

4.ミクロソリウム ウェンディロフの写真

ミクロソリウム ウェンディロフの写真
繊細な葉が美しいミクロソリウム ウェンディロフ