アマゾンソード アクアリウムを代表する丈夫で美しい水草

アマゾンソード

1.特徴

アマゾンソードはアクアリウムで扱われる代表的な水草のひとつです。アマゾンソードは長く伸びた広い葉と明るいグリーンが水槽を演出します。葉幅は約2cm~3cm、葉の長さは20cm~30cm以上になることもあります。大きさは水槽の環境によってかわります。アマゾンソードは丈夫でアクアリウムではじめて育てる水草としても定番の水草です。またエンゼルフィッシュやディスカスなどのシクリッドはアマゾンソードの葉の上に産卵する為、繁殖の産卵床としても使われることがあります。水槽のレイアウトでは、中景から後景のワンポイントとして使われることが多いです。水槽サイズは中型水槽から大型水槽が適しています。水草を取り扱っているショップでは、ポット売りや1株単位で売られています。安価で初心者にもおすすめの水草です。

アマゾンソード
アマゾンソード

別名 エキノドルス アマゾニクス、アマゾンソードプラント
学名 Echinodorus amazonicus
難易度 B
照明 普通
CO2 無くても育つ
PH 6.0-7.5
KH 0.5-3.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

アマゾンソードは成長が比較的遅いロゼット状に育つエキノドルスの仲間です。底床はソイル、砂利どちらでも育成は可能です。アマゾンソードの育成のコツは、一度植栽したら、じっくり根が張るように移動させないことが大切です。CO2添加はなくても育ちますが、添加することでより美しく育成できます。肥料は2~3ヵ月に一度様子を見ながら底床にテトライニシャルスティックなど固形肥料を追肥するとよいでしょう。アマゾンソードは、成長が緩やかで、固い葉をしている為に、コケが付着しやすい水草です。栄養分が蓄積しないように、週に1~2回水替えをすることでコケ発生の予防対策になり、さらに水道水に含まれるCO2がアマゾンソードの成長を促進させます。

植え方

アマゾンソードの植え方は、まずは軽く水で葉を洗い、長く伸びた根や枯れている葉はハサミでカットします。アマゾンソードは浮かんできやすい水草なので底床は、5cm程度敷くと植えやすいです。底床に植える際は、ピンセットで根っ子部分をつかみ、底床に4cm~5cm程度の深さに植え込みます。

植え方 長く伸びた根や枯れた葉はカット アマゾンソード
植え方 長く伸びた根や枯れた葉はカット アマゾンソード

トリミング・増やし方

アマゾンソードは、株の中心から新芽がでてきて、外側の葉ほど古い葉になります。トリミングは、大きくなりすぎた外側の葉や黄色くなったり茶色くなった葉の根元をカットします。アマゾンソードは、ランナーで増えていきます。ランナーは、細い茎のようなものが底床を這って新芽を出して増えます。

育たない・枯れる・溶ける

アマゾンソードの成長が遅かったり、育たない原因は、アマゾンソードの光合成に必要な育成条件を満たしていないことが多いです。光合成に重要な育成条件は、光量、CO2量、栄養分になります。CO2添加は無くても育ちますが、定期的な水替えが重要になります。また栄養分は根元に固形肥料を追肥することで栄養不足を解消できます。光量はまわりの水草の状態を確認して判断します、有茎水草が間延びしたり、水草の葉が白化したりしているようであれば、光量不足の可能性があります。アマゾンソードは、比較的丈夫で、枯れずらい水草です。購入した時の葉は水上で育てられた葉により、水槽では1か月~2か月程度かけて徐々に水上葉が枯れだして水中葉に移行します。アマゾンソードは成長が遅いためコケが付きやすく、コケが葉一面についてしまうと葉が弱り枯れだすことがあります。アマゾンソードは、葉がすべて枯れても、株が残っていれば新芽がでて復活します。枯れてしまっても株が溶けていなければ抜かないでじっくり新芽が出るのを待ちましょう。

3.成長記録

アマゾンソードの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はGEXの水草一番サンドを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。

4.アマゾンソードの写真

アマゾンソードの写真
アマゾンソードの写真
真上から撮影したアマゾンソードの写真
真上から撮影したアマゾンソードの写真