エキノドルス アングスティフォリウス 中景から後景のテープ状の配置に適した水草

2020年10月23日

エキノドルス アングスティフォリウス

1.特徴

エキノドルス アングスティフォリウスは濃い緑色の長いテープ状の葉が特徴のエキノドルスの仲間です。色や雰囲気がバリスネリア スピラリスによく似ていますが、葉の幅は細く約5mm、葉の長さは40cm以上になります。バリスネリア スピラリスより葉幅が細く、一株に多くの葉が展開する為、密生感のある茂みが作れます。販売店では、前景から中景に使える水草として紹介されていましたが、育成した感想としては後景に適した水草に感じます。もしかしたら強い光量の場合は、背丈を低く中景でも維持できるのかもしれません。あまり見かけない水草ですが、バリスネリア スピラリスシペルス ヘルフェリーと同じようなレイアウトの後景に使える水草の種類です。

エキノドルス アングスティフォリウス
エキノドルス アングスティフォリウス

別名 エキノドルス ボイビニアヌス、エキノドルス ラティフォリウス
学名 Echinodorus angustifolius(Helanthium tenel?)
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 大型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

エキノドルス アングスティフォリウスは、比較的育てやすい水草です。底床は、ソイル、砂利どちらでも育成は可能です。CO2は無くても枯れることはありませんが、CO2を添加することで美しく育てられます。エキノドルス アングスティフォリウスの成長スピードは、環境によって大きく違うようです。水草動画の水槽では、植栽からしばらくはほとんど成長しませんでしたが、半年過ぎから成長スピードがあがりました。一度植えたら、根が張るまでじっくり育てましょう。

トリミング・増やし方

エキノドルス アングスティフォリウスのトリミングは、長くの伸びすぎた葉をカットしていきます。エキノドルスの仲間なので、株の中心から新芽を展開して、外側の葉ほど古い葉になり、外側の古い葉は黄色や黒ずんできたりするので、変色した葉からカットするようにします。エキノドルス アングスティフォリウスの増やし方は、写真のように根元からランナーができて株が増えていきます。

増やし方(ランナーで増える)エキノドルス アングスティフォリウス
増やし方(ランナーで増える)エキノドルス アングスティフォリウス

枯れる・溶ける

エキノドルス アングスティフォリウスは比較的丈夫ですが、極端な水質変化や育成条件(光、CO2、栄養分)が極端に不足している場合は、成長がとまり溶けたり枯れたりする場合があります。調子が出ない場合は、水替えの頻度を増やすことで改善が期待できます。

3.成長記録

エキノドルス アングスティフォリウスの育成環境は、60cmワイド水槽、底床は園芸用の富士砂、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックを追肥しています。また水替え時にエフイーエナジープランツグリーンを添加しています。

4.エキノドルス アングスティフォリウスの写真

エキノドルス アングスティフォリウスの写真
エキノドルス アングスティフォリウスの写真
エキノドルス アングスティフォリウス
エキノドルス アングスティフォリウス
葉の質感 エキノドルス アングスティフォリウス
葉の質感 エキノドルス アングスティフォリウス