エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスター 清流感あふれる水景を作る後景用の水草

2020年10月21日

1.特徴

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターは、髪の毛の様な細い葉が非常に美しい水草です。群生させた茂みは、水槽内に流れを作るような、清流感あふれる美しい水景ができます。緑の濃い葉は、ヘアーグラスのようにやや硬い葉をしています。葉幅は約1mm、葉の長さは25cm~40cm以上になります。エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターは、バリスネリアの様にあっちこっちにランナーを伸ばして成長することは少なく、株が徐々に広がっていくように育つため、繊細な美しい茂みを作ってくれます。水槽サイズは、45cm水槽以上の中型水槽から大型水槽に適しています。レイアウトでは、後景に植栽することで、美しい緑のカーテンができます。アクアリウムメーカーのカミハタから販売されており、水草専門店やネットショップで流通しています。1株の価格は高いですが、順調に育てば半年から1年もすれば何倍の量にも増え、購入の価値のある水草です。

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスター

別名
学名 不明(Eriocaulon sp. “Feather Duster")
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 やや遅い
大きさ・高さ 大型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターの育成は、ソイルを使った弱酸性から中性の水質を好みます。ホシクサの仲間ですが、特別育成は難しくなく、水草の育成環境の整った水槽であれば育成しやすい水草です。

またやや葉が固いので、コケの出やすい水槽では糸状のコケや黒髭コケがつきやすいです。糸状のコケ対策は、ペンシルの仲間のが良く食べてくれます。マジナータス・ペンシルフィッシュが食べてくれます。

コケが付いた葉 エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスター

植え方

植え方は、一株を2~3cm間隔で植えると良いです。一度植えたら、根が張るまでじっくり待ちましょう。

トリミング・増やし方

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターのトリミングは伸びすぎた場合は、髪の毛を切るように長く伸びすぎた部分をカットします。あまりにも密生しすぎた場合は、株を間引きします。根張りが強いので、あらかじめ株や根をハサミでカットしてから底床から間引くと良いでしょう。増やし方は、株が徐々に大きくなり増えていきます。環境が合うと、かなりのボリュームに増えます。

枯れる・溶ける

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターの葉が茶色に枯れたり、溶けたりする場合、CO2量が不足ている場合があります。またソイルが劣化しだして、炭酸塩硬度が上昇した際も葉が茶色くなり枯れてくる場合があります。

3.成長記録

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターの写真

エリオカウロンsp.ソーシャルフェザーダスターの写真