ジュンクス レペンス カールした細い葉が独特な茂みを作る水草

2020年10月23日

ジュンクス レペンス

1.特徴

ジュンクス レペンスは、有茎水草のように立ち上げって成長するロゼット型の水草です。一見ヘテランテラのように見えますが、ジュンクス レペンスの方が葉は細く、葉幅は約3mm~4mm、葉の長さは約3cm~4cmです。ジュンクス レペンスはロゼット状の水草ということもあって茎は固いです。レイアウトでは、前景から中景に適した水草です。水槽サイズは小型水槽から大型水槽に使えます。ショップではあまり見かけない水草ですが、ネットでは流通しているようです。

ジュンクス レペンス
ジュンクス レペンス

別名
学名 Juncus repens
難易度 B-C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★☆☆☆

2.育て方

ジュンクス レペンスの育成は、育てやすい水草の種類です。底床は、ソイル、砂利どちらでも育成は可能です。CO2添加は、無くても枯れることはありませんが、CO2添加をすることで美しく育てられます。

トリミング・増やし方

ジュンクス レペンスのトリミングは、高く伸びた部分を約4cm~5cm程度の高さで切りそろえます。ジュンクス レペンスはロゼット状の水草でランナーで増えていくようですが、有茎水草と同じように差し戻しでボリュームを付けていきます。増やし方はトリミングでカットした上部を差し戻していきます。

枯れる・溶ける

ジュンクス レペンスは、古くなる葉は黒くなってきます。有茎水草よりも葉が枯れるのが早い印象です。健康な状態でも、下層の葉は黒くなることが多いです。また育成環境によっては光量不足やCO2不足で、白化など葉が変色して枯れることがあります。調子が悪い場合は、CO2量を増やす(添加していない場合は、水替え頻度を増やす)、光量を増やす(光量を増やせない場合は、水位を5cm下げる)と回復が期待できます。

3.成長記録

ジュンクス レペンスの育成環境は、60cmワイド水槽、底床は園芸用の富士砂、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックを追肥しています。また水替え時にエフイーエナジープランツグリーンを添加しています。

4.ジュンクス レペンスの写真

ジュンクス レペンスの写真
ジュンクス レペンスの写真
ジュンクス レペンス
ジュンクス レペンス
上から撮影 ジュンクス レペンスの写真
上から撮影 ジュンクス レペンスの写真