ロタラマクランドラ(レッドリーフバコパ) チューリップを連想させるような水草

1.特徴
2.育て方
3.成長記録

1.特徴

ロタラマクランドラは、ショップでは昔からレッドリーフバコパの名前で売られていることが多かった水草です。古くから親しまれている人気のある赤系の水草です。ロタラマクランドラの葉は1.5㎝から2.5㎝ほど大きさで、黄緑色から赤まで環境によって色が変わり、やわらかいウェーブする葉が美しい水草です。緑の葉の水上葉でも販売されていることはありますが、水中葉が美しい為、真っ赤になった水中葉で売られていることが多い水草です。レイアウトでは、中景から後景のワンポイントとして使われることが多い水草です。赤く染まったロタラマクランドラは数本でもその存在感が発揮される美しい水草です。

ロタラマクランドラ
ロタラマクランドラ

別名 レッドリーフバコパ
学名 Rotala macrandra
難易度 C-D
照明
CO2
PH 6.0-7.0
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ロタラマクランドラの育成は、育成条件の強い照明、CO添加、軟水(炭酸塩硬度 KH:0.5~1.0)が重要になります。底床はソイルが育成しやすいですが、3つの条件がそろえば砂利でも育成は可能です。成長は比較的早く、新し水中葉に展開します、照明が弱かったり、CO2が不足していると葉は小型する傾向があります。また栄養分のバランスで葉の色が黄緑から赤まで変わります。立ち上げ時の底床ソイル(アマゾニア)の窒素分を多く含んだ環境だと綺麗な赤みがでます。

トリミング・増やし方

ロタラマクランドラは環境が合うと、比較的早く成長します。増やし方は、トリミングの差し戻しで増やしていきます。光量が重要な水草なので、ある程度背丈が伸びた状態で、他の水草の陰にならないような高さでカットするようにします。

枯れる・溶ける

ロタラマクランドラは、比較的溶けやすい水草に感じます。すこしでも水質や環境が崩れ、成長できなくなると小型化したり枯れたりします。また隣り合う水草で、ロタラマクランドラの葉が隠れたりすると、光量不足で枯れたりすることがあります。溶けたり、枯れたりした場合の対処としては、溶けたり、枯れたりした部分をカットします。差し戻しは照明の光が良く当たる場所に植栽しなおすことで新しい芽が展開していきます。またCO2量は、水槽全体の水草の葉から光合成の気泡が確認できる程度の添加が目安になります。



3.成長記録

ロタラマクランドラの水上葉

ロタラマクランドラ(レッドリーフバコパ)の水上葉は、見たことがなく、ネットで検索して探したところ下記の写真を見つけました。葉の形は普通のグリーンロタラと同じ丸い葉をしていますが、赤い模様が入ってるのが特徴です。下記の画像はチャームのリンクシェアより貼り付けています。
icon
icon



3 thoughts on “ロタラマクランドラ(レッドリーフバコパ) チューリップを連想させるような水草

コメントを残す

error: Content is protected !!