【育て方】グリーンロタラ 育たない原因を知る

1.特徴

グリーンロタラは水草愛好家には人気の高い水草です。水草動画も大好きな水草の種類のひとつです。グリーンロタラの魅力は柔らかいグリーンの葉を密生させ美しい茂みを作ります。葉の長さは12mm~20mm、葉幅2mm~3mmの大きさです。ロタラの種類は多くよく似たロタラロトンジフォリア、ロタラインディカなどの違いは、グリーンロタラは赤味を帯びないのが特徴です。またグリーンロタラは水草が曲がったり、匍匐したように成長する傾向が強いのが特徴です。レイアウトでは、小型水槽から大型水槽まで中景から後景に使われることが多い水草です。石組レイアウトや流木レイアウトなどネイチャーアクアリウムでも定番の水草です。購入時は水上葉で売られていることが多く、水上葉は丸い形をしています。水中葉に移行すると葉は細くなり、より美しいライトグリーンにかわります。

グリーンロタラ
グリーンロタラ

別名 ロタラsp.グリーン、ロタラ ロトンディフォリア グリーン
学名 Rotala sp. “green”
難易度 C
照明 普通~強め
CO2
PH 6.0-7.0
KH 0-2.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

グリーンロタラは弱酸性から中性の水質を好みます。底床は砂利などでも育成は可能ですが、弱酸性を保ちやすいソイルでの育成が適しています。ソイルであればCO2は添加しなくても育ちますが綺麗な茂みを作るにはCO2添加はかかせません。光量はある程度必要としますが、キューバパールグラスなどの前景用の水草に必要な強い光量は必要ありません。綺麗なグリーンロタラの茂みを作るには水中葉に完全に移行して成長が緩やかになったときに、コケにやられないように水槽の管理が大切になります。

トリミング・増やし方

グリーンロタラのトリミングは、植栽してから2週間~3週間で1回目のトリミングがきます。さらに高いCO2量と強い光量の環境の水槽ではより速いタイミングでトリミングのタイミングがきます。グリーンロタラのトリミング方法は、伸びた背丈の半分くらいの高さでカットします。カットした上の部分の草は底床に植えなおして(差し戻し)、草にボリュームを付けていきます。このトリミングと差し戻しを繰り返すことによって美しいグリーンロタラの茂みを作ることができます。成長スピードはタイミングとしてはトリミングを1,2回行って完全に水中葉に移行にした際に成長が緩やかになります。

育たない原因

グリーンロタラがうまく育たない原因はいくつかあります。グリーンロタラが育ちやすい環境は硬度が低い水質を好むため、炭酸塩硬度(KH)が2°dH以上になると成長が悪くなることがあります。ソイルの初期などは、炭酸塩硬度(KH)は0.5°~1.0dhの水質を保ち、その時期は非常にグリーンロタラはよく育ちます。ソイルが劣化しだす立ち上げから4~5か月以降は炭酸塩硬度(KH)が徐々に上がり成長が鈍ることがあります。この炭酸塩硬度が上がると成長不良になる症状がでてきます。葉が小型化したり白化したりします。成長不良の原因は一般的に肥料不足といわれていますが、炭酸塩硬度が上昇することで同様の症状がでます。この炭酸塩硬度が2.0°dh以上の場合は、肥料や光量を増やしても期待するほど成長は改善しません。しかしCO2量を増やすことである程度成長の改善は期待できます。また炭酸塩硬度を下げる方法としては、底床のソイルを一部交換する、または水替え時に水道水をRO浄水器で硬度を調整する方法があります。RO浄水器による水質の調整方法はこちらの記事をご覧ください。炭酸塩硬度(KH)は0~1.0dhを維持できてれいば、CO2量、光量、栄養分は非常に少ない量でもグリーンロタラは育ちます。グリーンロタラは夏場の30°になる水温でも成長不良を起こすことなく比較的強い有茎水草の一つです。

枯れる・溶ける

グリーンロタラは丈夫で比較的溶けずらい水草です。溶けたり枯れたりする場合は二つあります。水上葉から水中葉に移行する際に草の下の部分の古い水上葉は2~4週間で枯れだして溶け出します。また光量やCO2量が足りない水槽では、成長が緩やかになり、葉が小型化してコケが付きやすくなり枯れたり溶け出すことがあります。

3.砂利による育成経過

砂利の育成では富士砂という栄養分が含まれていない普通の砂利での育成記録を紹介していきます。普通の砂利で育てる場合は、CO2添加、照明、定期的な肥料の添加で安定した育成が楽しめます。肥料はテトライニシャルスティックを使って育成しています。水槽に入れた植栽直後はあっちこっち向いていますが、一日も経つとまっすぐ上に向かってくれます。2,3日もすると水上葉から水中葉がでてきます。一週間もすると、うねうねと曲がったり、匍匐したように水草が倒れだし根っこがでてきます。写真のような状態はある程度照明があると這うように水草が育っていきます。2~3週間もすると完全に水中葉に生え変わります。この頃になると長く伸びた部分はトリミングが必要になり、カットした水草を差し戻し、水草のボリュームを増やしていきます。ここまでは、底床肥料のみで育成しています。1カ月もすると綺麗な茂みができトリミングを繰り返すことでより密度の高い茂みが出来上がります。



砂利による育成環境例
水槽サイズ Tank W60㎝×D45㎝×H45㎝
照明 Lights 20W×4
照明時間 Light Timer 7時間 7hours
二酸化炭素 CO2 1秒に1滴7時間 7hours 1drops/s
水温 Temperature 24.5℃
底床 Substrate 富士砂 Fuji sand
PH 6.5-7.2
炭酸塩硬度 KH 1.5°dH
リン酸塩 PO4 1ppm以下
硝酸塩 NO3 1ppm以下
伝導率 TDS 70-80ppm

4.ソイルによる育成経過

グリーンロタラはソイルでの育成では非常によく育ち成長も早くなります。水上葉から水中葉の以降も、2,3日で大きな変化が観察できます。一週間もすると底床に這うようにして育ち、水面に向かって水中葉を展開して成長していきます。2週間もするとトリミングが必要になります。1,2回のトリミングを繰り返すと最初の成長スピードは緩やかになります。綺麗な茂みを作るには差し戻しによるトリミングを繰り返すことによってできます。

ソイルによる育成環境例
水槽サイズ Tank W60㎝×D30㎝×H36㎝
照明 Lights 30W×2
照明時間 Light Timer 7時間 7hours
二酸化炭素 CO2 1.5秒に1滴7時間 7hours 1drops/s
水温 Temperature 24.5℃
底床 Substrate アクアソイル アマゾニア ノーマル
PH 5.8-6.3
炭酸塩硬度 KH 0.5°dH
リン酸塩 PO4 0.1ppm以下
硝酸塩 NO3 10ppm以下
伝導率 TDS ※20-30ppm

※水替えはRO水により純水で管理しています。

5.育成した感想

グリーンロタラの育成はソイルで育成する場合は特別難しい水草ではありません。しかし水上葉から水中葉に移行してから長期に綺麗な状態を維持するには水草育成に必要な低い炭酸塩硬度(KH)を長期維持できることが重要になります。このグリーンロタラを長期維持できるような環境であれば、有茎水草全般の水草を綺麗に維持できるという目安になります。グリーンロタラは有茎水草の魅力を感じさせてくれる水草です。密生させたグリーンロタラの茂みは美しい水景をみせてくれます。

6.グリーンロタラの写真

グリーンロタラ
グリーンロタラ
グリーンロタラの光合成
グリーンロタラの光合成


4 thoughts on “【育て方】グリーンロタラ 育たない原因を知る

コメントを残す

error: Content is protected !!