アマニア グラキリス 美しいピンクから赤に染まる有茎水草

アマニア グラキリス

1.特徴

アマニア グラキリスは、美しいピンクから赤に染まる有茎水草です。葉の大きさは葉幅は約6mm、葉の長さは約3cm~5cmです。アマニア グラキリスは茎も葉の色と同じ色に染まり、葉の色は黄色、ピンク、真っ赤まで育成環境によって葉の色がかわります。レイアウトでは、水槽の中景や中央に植栽することで、水景に魅力あるワンポイントができます。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで使えます。アマニア グラキリスは古くから赤系の水草として普及しており、流通もある水草の種類です。

アマニア グラキリス
アマニア グラキリス

別名
学名 Ammania gracilis
難易度 C-D
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.5
成長速度 やや遅い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

アマニア グラキリスの育成は、やや難しい種類になります。底床はソイルが育てやすいです。ソイルが劣化しだしたり、KH(炭酸塩硬度)が上昇すると頂芽が萎縮したり、縮れた症状になることがあります。成長はやや遅めですが、強い光量、CO2量により美しい赤に育てることができます。ロタラインディカなどロタラ系よりは、赤の発色が出しやすい種類の有茎水草に感じます。

植え方

アマニア グラキリスの植え方は、水槽に入れる前に軽く洗い、枯れた葉や伸びすぎている根っ子をあらかじめカットします。底床を厚めに敷くと植えやすいです。アマニア グラキリスを植えるコツは、ピンセットで底床に4~5cm程度の深さまで植えます。アマニア グラキリスを植える際に、あまり強く植え込むと折れてしまうので注意ください。もし折れた場合は、折れた部分を取り除き、再度植えなおします。

トリミング・増やし方

トリミングは、CO2添加、光量が十分確保された水槽環境では約4~6週間で、トリミングのタイミングがきます。トリミングは背丈が約5~10cm程度の高さで切り揃えるようにします。増やし方は、トリミングでカットした上部を差し戻すことで増やすことができます。

枯れる・溶ける

アマニア グラキリスは水上葉で販売されていることが多く、水上葉は1ヵ月程度すると徐々に枯れてきます。植栽直後1~2週間で枯れるようであれば、運搬時のストレスや水槽の水質の変化の影響が考えられます。葉が枯れたり、白化する原因は飼育魚がいる水槽では、光不足、CO2不足が考えられます。強い光量とCO2の水槽環境で葉が枯れたり、白化する場合は、肥料不足が考えられます。アマニア グラキリスの調子が悪い場合は、CO2量を増やす(添加していない場合は、水替え頻度を増やす)、光量を増やす(光量を増やせない場合は、水位を5cm下げる)と回復が期待できます。

3.成長記録

アマニア グラキリスの育成環境は、標準60cm水槽、底床はADAのアマゾニア、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

4.アマニア グラキリスの写真

アマニア グラキリスの写真
アマニア グラキリスの写真
赤が美しいアマニア グラキリス
赤が美しいアマニア グラキリス
真上から撮影したアマニア グラキリス
真上から撮影したアマニア グラキリス