ピンク色からオレンジ色まで品の良い美しい水草 アラグアイア レッドクロスプランツ

2020年10月23日

アラグアイア レッドクロスプランツ

1.特徴

アラグアイア レッドクロスプランツは、葉の色は黄、ピンク、オレンジまで環境によって変わる美しい赤系の有茎水草です。葉の長さは約2cm~3cm、葉幅は約2mm~3mm程度の水草になります。アラグアイアといえば、アラグアイア レッドロタラが美しい水草で評判ですが、アラグアイア レッドクロスプランツも独特な赤系をした美しい水草の一つです。アラグアイア レッドクロスプランツは、育成環境が合うと大型化や間延びせず、密生感ある茂みにより、水景のワンポイントとして使えます。レイアウトでは中景が最適です。水槽サイズは小型水槽から大型水槽まで幅広いレイアウトのワンポイントとして使えます。ショップでの流通は余り多くありませんがネットショップではコンスタントに流通しています。また水草専門店など豊富な種類の水草を取り扱っているショップでは入手しやすいです。アラグアイア レッドクロスプランツの学名が不明でした。海外の情報も調べましたが確認できませんでした。英語ではRotala sp. araguaia red crossやRotala araguaia red crossという名前で流通しているようです。

アラグアイア レッドクロスプランツ
アラグアイア レッドクロスプランツ

別名
学名 不明
難易度 D
照明 強い
CO2 普通
PH 6.0-7.0
KH 0.0-2.0
成長速度 遅い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

アラグアイア レッドクロスプランツの育成は、底床はソイルでの育成が重要です。また光量、CO2量も強めの育成環境が美しく育てることコツです。極端な軟水は求めてきませんが、ソイルが劣化してKH(炭酸塩硬度)が上昇しだすと、成長が鈍ることがあります。有茎水草としては、成長が遅いので一度植栽したらじっくり育てたい水草です。

トリミング・増やし方

アラグアイア レッドクロスプランツは、水上葉から水中葉の移行は比較的早く、植栽から2~3週間程度で水中葉に移行します。水上葉から水中葉に移行までは、成長は早く伸びますが、トリミング後は成長が遅くなる傾向があります。その為トリミングは水草の背丈がある程度の高さになってからトリミングするとよいでしょう。トリミング方法は、カットした下部が10cm以上になるようにします。増やし方はトリミングでカットした上部の部分を底床に差し戻して増やすことができます。

枯れる・溶ける

アラグアイア レッドクロスプランツは、成長が遅く、CO量、光量を求めてきます。CO2量を添加しているのにもかかわらず、白化や葉が落ちる場合は、光量不足が考えられます。夏場は、CO2量、光量、炭酸塩硬度がきちんと確保されていれば、30度の水温にも枯れることなく維持することができます。また成長が遅いので、糸状のコケ、黒髭コケが付きやすいです。

3.成長記録

アラグアイア レッドクロスプランツの育成環境は、標準60cm水槽、底床はADAのアマゾニア、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

4.アラグアイア レッドクロスプランツの写真

アラグアイア レッドクロスプランツの写真
アラグアイア レッドクロスプランツの写真
ピンクに染まるアラグアイア レッドクロスプランツ
ピンクに染まるアラグアイア レッドクロスプランツ