バコパ オーストラリス レイアウトに柔らかい葉で美しい茂みを作る

2019年5月31日

1.特徴

バコパ オーストラリスはライトグリーンに柔らかい葉が美しい有茎水草です。バコパ オーストラリスはパールグラスの仲間のゴマノハグサ科に属します。葉の大きさは葉幅は約7mm~1cm、葉の長さは約1~1.5cm程度です。水槽サイズは小型水槽から大型水槽の中景から後景の配置に適しています。レイアウトではバコパオーストラリスの柔らかいライトグリーンの葉が美しい茂みを演出してくれます。ショップでは、一本単位や束などに売っていることが多く、一見地味で目立たない存在です。水草専門店やネット通販では入手しやすいです。

バコパ オーストラリス

別名
学名 Bacopa australis
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
お勧め度 ★★★☆☆

2.育て方

バコパ オーストラリスの育成は、ソイル、砂利どちらでも育成は可能ですが、ソイルの方が育てやすいです。光量、CO2量はさほど高い量を求めてきませんが、美し茂みを作るには強い光量とCO2の添加が重要になります。

植え方

バコパ オーストラリスは底床を厚めに敷くと植えやすく、浮かびづらくなります。バコパ オーストラリスを植えるコツは、ピンセットで底床に4~5cm程度の深さまで植えます。バコパ オーストラリスを植える際に、あまり強く植え込むと折れてしまうので注意ください。もし折れた場合は、折れた部分を取り除き、再度植えなおします。

トリミング・増やし方

トリミングは、ある程度背丈が伸びたら、背丈の半分程度の高さでカットします。一本の茎から複数の脇芽が出てくるので、脇芽をハサミでカットして差し戻すことで増やしていけます。

枯れる・溶ける

バコパ オーストラリスが葉が白化や小型化して育たずに枯れてしまう場合は、水槽の水質に合わずに枯れてしまう場合があります。また成長がやや遅いので、コケが付くと枯れやすくなります。また光量やCO2不足でも成長が止まり、白化や小型化することがあります。

3.成長記録

バコパ オーストラリスの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

3.バコパオーストラリスの写真

バコパ オーストラリスの写真
柔らかい葉が美しいバコパ オーストラリスの写真