ウォーターバコパ まっすぐ伸びる姿勢の良い有茎草

1.特徴

ウォーターバコパは、少し厚みのある楕円形の葉が特徴の有茎草です。葉の色は、薄茶(赤味)~緑まで環境によって色を変えます。葉の大きさは葉幅は5~10mm、葉の長さ15~25mmです。ウォーターバコパは、まっすぐ育つ傾向が強く、横に広がりやすい有茎草と比べて景観を壊しずらい水草です。レイアウトでは、中景から後景に適した水草です。水槽サイズは、45cm以上の中型水槽から大型水槽に適した水草です。バコパも複数の種類がありますが、バコパといえば本種を指すことが多く、定番の水草で、初心者が購入する機会の多い水草です。水草を取り扱っているショップやネットショップで入手しやすい水草です。

ウォーターバコパ

別名 バコパ、バコパ カロリニアーナ
学名 Bacopa caroliniana
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.5
KH 0.5-3.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ウォーターバコパは、軟水から中性を好む水草です。砂利やCO2添加が無くても枯れることはありませんが、CO2添加がない場合は、ソイルでの育成が育てやすいです。十分な光量、CO2がある環境では美しい状態を楽しめます。

購入時 ウォーターバコパ

水上葉 ウォーターバコパ
植え方

ウォーターバコパは、葉に厚みがあり、茎も硬くやや植えずらい種類の水草です。水上葉の場合は茎が硬くしっかり植えないと浮かんできてしまいます。一本ごと下部の葉が2~3枚埋まる程度の3~4cmの深さに、約1cm間隔で植えるとよいでしょう。

トリミング・増やし方

ウォーターバコパは、環境の良い水槽では約2~4週間でトリミングのタイミングがきます。トリミングは、長く伸びすぎた部分を5~8cm程度の高さで切りそろえます。増やし方は、トリミングでカットした上部を底床に差し戻して増やすことができます。

枯れる・溶ける

ウォーターバコパの葉が徐々に小型化したり、葉の色が白化、黄色く枯れたり、溶けたりする場合は、長期にわたり光合成に必要なCO2や光量が不足したことが原因で起こります。

3.成長記録

ウォーターバコパの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.ウォーターバコパの写真

ウォーターバコパの写真
ウォーターバコパの茂み(水中葉)