ラージリーフハイグロ 広い大きなライトグリーンの葉が見ごたえあるレイアウトを作る

1.特徴

ラージリーフハイグロは、ライトグリーンの広い葉が美しい有茎水草です。テンプルプラントやニューラージリーフハイグロによく似ていますが、同じ環境で育成した場合は、ラージリーフハイグロの葉はテンプルプラントと同様に大きくな葉を展開します。ラージリーフハイグロは、ニューラージリーフハイグロと比較すると、葉は大型化になりやすく、葉の幅も広く成長します。葉の大きさは、葉幅は約2~3cm、葉の長さは約5~13cmになります。葉の色は美しいライトグリーンを維持しやすい水草です。レイアウトでは、中景から後景に適した水草です。水槽は小型水槽であれば1~2本、中型~大型水槽であれば、3本~5本程度植えることで魅力あるワンポイントの茂みができます。ラージリーフハイグロは、流通は多く古くから親しまれている水草の一つです。

ラージリーフハイグロ 

別名 ラージリーフ・ハイグロフィラ
学名 Hygrophila stricta(Hygrophila guianensis、Hygrophila conferta)
難易度 B-C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 やや早い
大きさ・高さ 大型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ラージリーフハイグロの育成は難しい水草ではありません。初心者向けの水草の種類です。底床は、ソイル、砂利どちらでも育成は可能ですが、ソイルを使うことで比較的容易に育成できます。CO2量は多くは求めてきませんが、綺麗に育てる為にはCO2添加は欠かせません。

植え方

ラージリーフハイグロの植え方は、水槽に入れる前に軽く洗い、枯れた葉や伸びすぎている根っ子をあらかじめカットします。底床を厚めに敷くと植えやすいです。ラージリーフハイグロを植えるコツは、ピンセットで底床に4~5cm程度の深さまで植えます。ラージリーフハイグロを植える際に、あまり強く植え込むと折れてしまうので注意ください。もし折れた場合は、折れた部分を取り除き、再度植えなおします。

トリミング・増やし方

トリミングは、CO2添加、光量が十分確保された水槽環境では約4~5週間で、トリミングのタイミングがきます。トリミングは背丈が約5cm程度の高さで切り揃えるようにします。またCO2添加が無い場合や光が弱い水槽環境など、成長が遅い場合は約10cmの高さでカットするとよいです。また脇芽もでてくるので、脇芽部分をカットして差し戻すことで増やすことができます。

枯れる・溶ける

ラージリーフハイグロは水上葉で販売されていることが多く、水上葉は1~2ヵ月程度すると徐々に枯れてきます。植栽直後1~2週間で枯れるようであれば、運搬時のストレスや水槽の水質の変化の影響が考えられます。葉が枯れたり、白化する原因は飼育魚がいる水槽では、光不足、CO2不足が考えられます。強い光量とCO2の水槽環境で葉が枯れたり、白化する場合は、肥料不足が考えられます。ラージリーフハイグロの調子が悪い場合は、CO2量を増やす(添加していない場合は、水替え頻度を増やす)、光量を増やす(光量を増やせない場合は、水位を5cm下げる)と回復が期待できます。

3.成長記録

ラージリーフハイグロは水上葉は広い葉をしていますが、水中葉に移行すると徐々に葉幅は細くなります。ラージリーフハイグロの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.ラージリーフハイグロの写真

ラージリーフハイグロの写真
広い葉が美しいラージリーフハイグロ