アンブリア(キクモ) ふわっとした丸い繊細な葉が美しい水草

アンブリア

1.特徴

アンブリア(キクモ)は、ふわっとした細かい切れ込みが入った繊細な葉が美しい水草です。葉の色は明るいグリーンから、黄色、赤身を帯びた色まで、水槽の環境によって変化します。葉の大きさは直径約3cm~4cm程度の円状の形をしています。レイアウトでは、中景から後景に使われることが多い水草です。またアンブリア(キクモ)は、金魚藻としても扱われることがある有茎水草です。他のマツモやカボンバなどの金魚藻との違いは、アンブリアは葉は柔らかく明るい緑色して、マツモやカボンバのように硬い質感の葉ではありません。ショップでの取り扱いも多く、安価で定番の水草の一つです。

アンブリア
アンブリア

別名 キクモ
学名 Limnophila sessiliflora
難易度 B-C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.0
KH 0.5-2.5
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

アンブリアの育成は、ソイル、砂利どちらでも育成は可能です。ソイルの場合は、CO2添加が無くても容易に育成できます。砂利の場合は、CO2添加をすることで美しく育てられます。肥料は、生体がいる水槽であれば、添加は必要ありません。生体が少ない水草水槽の場合は、ソイルの栄養分が抜ける1~2ヵ月すぎると栄養分不足の症状がでてきますので、テトライニシャルスティックや液肥などを状態をみて添加するとよいでしょう。金魚藻としてメダカ水槽に植栽する場合は、冬は暖かい室内であればヒーターは無くても維持できます。金魚水槽の場合は、アンブリアは柔らかいので金魚に食べられてしまうので注意が必要です。

トリミング・増やし方

アンブリアは環境によっては1~2週間でトリミングのタイミングがきます。アンブリアは、植栽直後は成長が速く光量が十分ある環境では、1週間で水面まで達してしまうことがあります。トリミングは長く伸びた上部の部分をカットしてます。トリミングは、成長が早いので短めに5cm~10cm程度の高さにカットするとよいでしょう。アンブリアの増やし方は、トリミングでカットした上部の草を差し戻してあげることで増やすことができます。

トリミング前 アンブリア
トリミング前 アンブリア


トリミング後 アンブリア
トリミング後 アンブリア

枯れる・溶ける

アンブリアは、成長が早い水草ですが、環境によっては溶けやすい水草です。白化(白くなったり)、溶けたりする原因としては、栄養分不足、CO2不足、光量不足があげられます。また金魚水槽やメダカ水槽など、水替えの少ないコケの発生しやすい水槽では、汚れの蓄積より極端にPHが低くいことが原因でアンブリアが溶け出すことがあります。水草水槽で、CO2、光量がきちんと確保された水槽でも、CO2量を添加していることで、アンブリアの成長スピードと栄養分のバランスが悪く、写真のように白化することがあります。また、アンブリアは軟水を好む水草です、ソイルが劣化しだすと成長が鈍ります。

白化・枯れだしたアンブリア
白化・枯れだしたアンブリア

3.成長記録

アンブリアの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はGEXの水草一番サンドを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。

4.アンブリアの写真

アンブリアの写真
アンブリアの写真
美しいアンブリア
美しいアンブリア
強い照明下で育てた美しいアンブリア
強い照明下で育てた美しいアンブリア
植栽から181日目
植栽から181日目