ベトナムゴマノハグサ 美しいライトグリーンの茂みを楽しめる有茎水草

2020年7月23日

1.特徴

ベトナムゴマノハグサは、葉が細く繊細な茂みを作る美しい水草です。グリーンロタラより、葉は細く葉幅は約2mm、葉の長さは約1~2cmの大きさです。茎の部分がピンク~赤に染まるので、グリーンロタラとはまた違った印象の茂みを楽しめます。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで扱いやすく、レイアウトでは前景から中景に適した水草です。強い光量があると這うようにして育ちます。流通は、ネットでは多く見られ比較的入手しやすい水草です。

ベトナムゴマノハグサ

別名
学名 Limnophila sp. “Vietnam"
難易度 C-D
照明 普通~強い
CO2 普通~多い
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ベトナムゴマノハグサの育成は特別難しくありませんが、底床はソイルを使い、CO2量、光量はしっかり与えると綺麗に育てられます。CO2、光量の目安は、まわりの有茎草の葉の裏から光合成の気泡が見られる程度が目安になります。水上葉から水中葉の移行がやや緩やかで、コケが付きやすいので注意が必要です。

植え方

植え方は、一本ずつ約3~4cm程度の深さに、ピンセットで植えていきます。隣り合う、水草との間隔は、1~2cm程度に狭い間隔で植えると、綺麗な茂みが作りやすいです。

トリミング・増やし方

トリミングは、伸びすぎた部分を5~8cm程度の高さに切り揃えます。横に這って、伸びてしまった部分もトリミングでカットします。増やし方は、トリミングでカットした上部を差し戻しすることで増やすことができます。

枯れる・溶ける

ベトナムゴマノハグサの葉が、黄~茶色、白化、葉の小型化などの症状により、成長が止まることがあります。原因は、成長に必要な光合成量が不足していることが多いです。多めのCO2量、光量が重要になります。またソイルが劣化して硬度が上がりだしてくると、成長が悪くなり枯れてくることがあります。

3.成長記録

ベトナムゴマノハグサの育成環境は、標準60cm水槽、底床はADAのアマゾニア、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

4.ベトナムゴマノハグサの写真

美しいベトナムゴマノハグサ