ルドウィジア インクリナータ キューバ レイアウトのアクセントに使いやすい有茎草

2020年10月21日

1.特徴

ルドウィジア インクリナータ キューバは、細い葉にオレンジに染まる葉が美しい有茎草です。大きさはオランダプラントのように大型になりづらいです。葉の長さは2~4cm、葉幅は2~3mmの細長い葉をしています。パンタナルレッドピンネイトによく似ていますが、ルドウィジア インクリナータ キューバの方が育てやすいです。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽に適しています。レイアウトでは大型になりづらいので中景や後景のワンポイントに使いやすいです。流通は多くなく、水草専門店やネットショップで入手しやすい水草です。

ルドウィジア インクリナータ キューバ

別名 キューバ ルドウィジア
学名 Ludwigia inclinata var.verticillata Cuba
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ルドウィジア インクリナータ キューバの育成は、弱酸性から中性の水質を好み、ソイルでの育成が良いです。CO2量、強い光量により赤味を帯びた美しい状態を楽しむことができます。育成は、難しくなく、十分な光量とCO2量があれば砂利での育成も可能です。

植え方

植え方は、1本ごと約2~3cm間隔を空けて植栽するとよいです。水上葉の場合は、下部の葉が底床に埋まる程度、3~4cm程度の深さに植えると浮かんできづらくなります。

トリミング・増やし方

ルドウィジア インクリナータ キューバは、他の有茎草と比べてやや成長は遅く、トリミングは3~5週間程度でタイミングがきます。背丈はやや高め5~10cm程度になるようにカットするよいでしょう。増やし方は、トリミングでカットした上部を底床に差し戻して増やしていくことができます。

枯れる・溶ける

葉が萎縮したり、葉が小型化する場合や葉の色が白化、黄色く枯れたり、溶けたりする場合は、光合成に必要なCO2や光量が不足したことが原因で起こりやすいです。特にCO2を添加していない水槽やCO2添加していても、ソイルが劣化してCO2の吸収が低下した場合に起こりやすいです。うまく育たない場合は、CO2量と光量を調整することで改善が期待できます。

3.成長記録

ルドウィジア インクリナータ キューバの育成環境は2つの水槽で管理しました、1本目の水槽は照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.光量の強い環境での成長記録

2本目の水槽の育成環境は、標準60cm水槽、底床はADAのアマゾニア、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

5.ルドウィジア インクリナータ キューバの写真

ルドウィジア インクリナータ キューバの写真
オレンジ色に染まるルドウィジア インクリナータ キューバ