ルドウィジア オバリス 花のような清楚な美しさがある有茎水草

2020年10月23日

ルドウィジア オバリス

1.特徴

ルドウィジア オバリスをはじめて水草図鑑で見た時に、なんて綺麗な水草なんだって、見た瞬間一目惚れしてしまったのを覚えています。ルドウィジア オバリス(ミズユキノシタ)は、薄いオレンジ色の葉に、柔らかいウェーブの葉が花のような清楚さを感じさせてくれる水草です。葉の大きさは、葉幅は約1cm~1.5cm、葉の長さは約2cm~3cm、葉の色は緑、薄い茶色からオレンジ色まで環境に合わせて変化します。ルドウィジア オバリスは、レイアウトでは中景、後景のワンポイントとして適しています。水槽サイズは小型水槽でも育成できますが、中型水槽から大型水槽に適した水草です。ネットショップでは比較的流通もあり、入手しやすい水草です。

ルドウィジア オバリス
ルドウィジア オバリス

別名 ミズユキノシタ
学名 Ludwigia ovalis
難易度 B
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ルドウィジア オバリスは、ルドウィジアの仲間ということで、赤系の水草ですが育成は難しくありません。底床は、ソイル、砂利どちらでも育成は可能です。CO2添加の有無は、底床がソイルであれば無くても育成できますが、本来の美しいオレンジ色を出すには、CO2添加と強い光量が重要です。成長が早いので数本植えれば、1~2ヵ月もすれば綺麗な茂みが作れます。

トリミング・増やし方

ルドウィジア オバリスのトリミングは、環境にもよりますが成長が早いと2~3週間でトリミングのタイミングがきます。トリミングは、背丈が約5cm程度の高さで切り揃えるようにします。またCO2添加が無い場合や光が弱い水槽環境など、成長が遅い場合は約10cmの高さでカットするとよいです。ルドウィジア オバリスの増やし方は、トリミングでカットした水草を差し戻して増やしていきます。

枯れる・溶ける

ルドウィジア オバリスは水上葉で販売されていることが多く、水上葉は1~2ヵ月程度すると徐々に枯れてきます。植栽直後1~2週間で枯れるようであれば、運搬時のストレスや水槽の水質の変化の影響が考えられます。ルドウィジア オバリスは成長が早いので、枯れても回復能力も高いです。枯れた場合は枯れていない部分をカットして、光量が十分当たる場所に差し戻してあげるとよいでしょう。ルドウィジア オバリスの調子が悪い場合は、CO2量を増やす(添加していない場合は、水替え頻度を増やす)、光量を増やす(光量を増やせない場合は、水位を5cm下げる)と回復が期待できます。

3.成長記録

ルドウィジア オバリスの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.ルドウィジア オバリスの写真

ルドウィジア オバリスの写真
ルドウィジア オバリスの写真
薔薇のようなルドウィジア オバリス
薔薇のようなルドウィジア オバリス