リシマキア ハーブの匂いがする丸い葉が可愛い水草

1.特徴

リシマキアは丸い可愛らしい葉が特徴の有茎草です。葉の大きさは約10~15㎜程度の丸い葉をしています。水草からは独特のミントやハーブのような鼻にツントするような匂いがします。これはリシマキアによく似た、カーナミンと同じ匂いで、同種、または近い種類の水草だと感じます。レイアウトでは、小型水槽から大型水槽の中景から後景に適した水草です。流通は水草を多く取り扱っているショップやネットショップで入手しやすい水草です。改良品種にはイエローリシマキアがあります。

リシマキア

別名 コインウォーターチェーン
学名 Lysimachia nummularia
難易度 B-C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

リシマキアは、比較的丈夫で育てやすい水草です。原産は中央ヨーロッパ原産の水草だそうです。育成はソイルを使った弱酸性から中性が育成しやすいです。CO2添加をしっかりした水槽であれば、砂利での育成も可能です。強い光量を与えることで、より美しい状態を維持しやすくなります。水上葉はやや大きく、水中葉になると丸い葉に移行します。

購入時 リシマキア

水上葉 リシマキア
植え方

リシマキアは、水上葉の場合は茎が硬くしっかり植えないと浮かんできてしまいます。一本ごと約1cm間隔に、3~4cmの深さに植えるとよいでしょう。

トリミング・増やし方

リシマキアは、約2~4週間でトリミングのタイミングがきます。トリミングは、長く伸びすぎた部分を5~8cm程度の高さで切りそろえます。増やし方は、トリミングでカットした上部を底床に差し戻して増やすことができます。また茎の部分から白い根が生えてくることがあり、増えすぎると見栄えが悪くなるので、トリミングの際は伸びすぎた根をカットすると良いでしょう。

枯れる・溶ける

リシマキアの葉が徐々に小型化したり、葉の色が白化、黄色く枯れたり、溶けたりする場合は、長期にわたり光合成に必要なCO2や光量が不足したことが原因で起こります。

3.成長記録

リシマキアの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。今後、様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥していきます。

4.リシマキアの写真

リシマキアの写真