南米ラージパールグラス 葉につく気泡が美しい小型のラージパールグラス

1.特徴

南米ラージパールグラスは通常のラージパールグラスをさらに小型化したサイズの水草です。葉の大きさは葉幅約3mm、葉の長さ約6mmの大きさです。また通常のラージパールグラスよりやや細長い葉の形をしています。南米ラージパールグラスを群生させることで、可愛らしい綺麗な茂みができます。ラージパールグラスより細かい繊細な茂みを作りたいときに代用できる水草です。レイアウトでは前景から中景の植栽に適しています。水槽サイズは小型水槽から中型水槽で扱いやすい水草です。流通は水草を多く取り扱っている水草専門店やネットショップで入手しやすい水草です。

南米ラージパールグラス
別名 ミクランテムム ウンブロスム
学名 Micanthemum umbrosum “Sao Paulo"
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通~やや早い
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

南米ラージパールグラスの育成はソイルの環境であれば育てやすい水草です。水質は弱酸性の軟水の水質を好みます。ラージパールグラスと比べてやや成長は遅く感じます。美しい茂みを作るには、ソイルを使い水草が育ちやすい軟水の水質を維持しつつ、強い光量とCO2添加が重要です。育成は特別難しくはありませんが、ソイルの劣化とともに成長が悪くなる傾向が強いです。CO2をしっかり吸収できる硬度の高さを維持いしつつ、底床の追肥が重要になります。

購入時 大きさ 南米ラージパールグラス

購入時 水中葉 南米ラージパールグラス
植え方

南米ラージパールグラスは、ピンセットで1本または2~3本まとめて2~3cmの深さに、約1cm間隔で植えるとよいでしょう。植える場所はあまり成長の早い水草が隣り合わない光量が確保できる場所に植えるようにします。

トリミング・増やし方

南米ラージパールグラスは、環境の良い水槽では約2~3週間でトリミングのタイミングがきます。トリミングは、長く伸びすぎた部分を4~5cm程度の高さで切りそろえます。増やし方は、トリミングでカットした上部を底床に差し戻して増やすことができます。また脇芽からも増えていきます。

枯れる・溶ける

南米ラージパールグラスは葉が徐々に小型化したり、葉の色が白化、黄色く枯れたり、溶けたりする場合は、長期にわたり光合成に必要なCO2や光量が不足したことが原因で起こります。砂利や石を使った水槽やソイルが劣化した水槽の場合、水質のKH(炭酸塩硬度)が高くなり、CO2の溶解度が減り水草の育ちが鈍くなることが多いです。

3.成長記録

南米ラージパールグラスの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックを追肥していきます。

植栽から2日目 南米ラージパールグラス

植栽から8日目 南米ラージパールグラス
植栽から8日目 南米ラージパールグラス
植栽から109日目 南米ラージパールグラス
植栽から109日目 南米ラージパールグラス

4.南米ラージパールグラスの写真

南米ラージパールグラスの写真