インディアン クラススラ 小型水槽に繊細な可愛らしい茂みを作る水草

2020年10月22日

1.特徴

インディアン クラススラは、超小型の葉が可愛らしい有茎草です。葉の大きさは、葉の長さ約4~8mm、葉幅は約2~3mm程度の大きさで、節間がやや広く間延びした感じで成長するのが特徴です。群生させたインディアン クラススラは、パールグラスと違った美しい茂みが楽しめます。小型水槽から中型水槽におすすめの水草です。流通は多くありませんが、水草専門店やネットでは取り扱っていることが多いです。

インディアン クラススラ

別名 和名:スズメノハコベ、スズメハコベ
学名 Microcarpaea minima
難易度 C-D
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.5
成長速度 普通
大きさ・高さ 小型
おすすめ度 ★★☆☆☆

2.育て方

インディアン クラススラは、やや成長が遅く、成長のスイッチが入るまでなかなか成長しないことがあります。底床はソイルでCO2添加が必要な水草です。育成環境が合えば写真のような綺麗な茂みを作ってくれます。

植え方

植え方は、一本ごとに1cm間隔で植えるとよいでしょう。小さい水草なため、光量が足りず成長が鈍ることがあるので、他の水草の葉で光が遮らない場所に植えます。

トリミング・増やし方

トリミングは、伸びすぎた部分を5~8cm程度の高さになるように切りそろえます。増やし方は、トリミングでカットした部分を差し戻して増やします。

枯れる・溶ける

インディアン クラススラは成長が遅く、小型な水草なため、光量不足になりやすい水草です。またCO2、光量が十分確保された水槽でも、なかなか成長スピードが上がらないことがあります。CO2や光量以外に硬度や水温にも影響を受けやすく、白化や黄色くなったりして枯れることがあります。回復の目安は写真のように、インディアン クラススラの葉から光合成が見られるような環境で育てると良いです。

3.成長記録

インディアン クラススラの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はGEXの水草一番サンドを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。

4.インディアン クラススラの写真

インディアン クラススラの写真
葉が小さく可愛らしいインディアン クラススラ