オレンジミリオフィラム 羽のような繊細な葉が美しい赤系の水草

2020年10月21日

1.特徴

オレンジミリオフィラムは、鳥の羽の様な繊細な葉が美しい赤系の水草です。赤くならないミリオフィラム マトグロッセンセによく似ていますが、さらに繊細さを感じさせてくれる水草です。葉の色は、黄緑色、黄色、オレンジ(赤茶)と育成環境によって色に違いがでます。葉の大きさは、円状に直径3cm~6cm程度の大きさになります。葉の大きさは環境によっても違いますが、植栽直後の水上葉から水中葉の成長スピードが速く、葉も巨大化する傾向が感じられます。トリミングを繰り返すことで、葉の大きさも小型化する傾向があります。レイアウトでは、中景から後景のワンポイントとして扱いやすい水草です。水槽サイズは、中型水槽から大型水槽に適しています。流通はネットショップや水草専門店で入手しやすい水草です。

オレンジミリオフィラム

別名 ミリオフィラムsp. オレンジ、ローライマ ミリオフィラム
学名 Myriophyllum sp.
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型~大型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

オレンジミリオフィラムは弱酸性から中性を好み、底床はソイルが育成しやすいです。ソイルの初期や十分な光量、CO2量のある環境では、ミリオフィラム マトグロッセンセのように非常に成長が早くなります。CO2量によって葉の大きさが左右されやすい水草です。また光量が少ないと赤味が薄れ黄緑色の葉になり、十分な光量、CO2量のある環境では美しいオレンジ色の葉が楽しめます。砂利での育成も可能ですが、CO2添加が重要になります。

植え方

オレンジミリオフィラムの植え方は、一本ずつ約1~2cm間隔を空けて植えていきます。水上葉は浮かんできやすいので、下部の葉が1~2枚底床に埋まる程度に深めに植えるとよいです。

トリミング・増やし方

オレンジミリオフィラムは、成長が早く環境によっては2~3週間でトリミングのタイミングがきます。トリミング方法は、成長が早い場合は、4cm~5cm程度の低めの高さでカットします。成長が遅い場合は、6cm~10cm程度の高さでカットするよいです。増やし方は、トリミングでカットした上部を、底床に差し戻しすことで、水草全体にボリュームをつけることができます。

枯れる・溶ける

オレンジミリオフィラムの葉が小型したり、白化したり、黄色くなったりする場合は、光合成に必要な光量、CO2量が不足している場合多いです。また、ソイルが劣化してきたり、石を使った水槽では、硬度が上がりやすく光合成に必要なCO2を十分供給できない場合があります。CO2、光量の目安は、水槽内の水草の葉の裏から光合成の気泡が確認できるかチェックしましょう。

3.成長記録

オレンジミリオフィラムの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はGEXの水草一番サンドを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は水草やコケの発生状況を確認して、3~4か月に少量(10~20粒)を底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。

4.ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産の写真

ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産の写真
真上からの写真 ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産
ミリオフィラムsp. オレンジ ローライマ産の写真