ポリゴナムsp.ピンク レイアウトのワンポイントになる赤系の有茎草

2020年10月21日

1.特徴

ポリゴナムsp.ピンクは、草の先端部分(頂芽)が、ピンクからオレンジに染まる美しい有茎草です。他の有茎草と比べて葉と葉の節間はやや広く特徴のある水草です。葉幅は約5mm、葉の長さは5cm~10cmの大きさになります。水槽サイズは、小型水槽でも育成は可能ですが、中型から大型水槽に植栽しやすい水草です。レイアウトでは、中景から後景のワンポイントとして使えます。流通は、水草専門店やネットショップで入手しやすい水草です。

ポリゴナムspピンク

別名
学名 Polygonum sp. Kawagoeanum
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 やや遅い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ポリゴナムsp.ピンクは、弱酸性から中性の水質を好みます。やや成長が遅く底床はソイル、CO2添加が重要になります。美しい赤味の群生した茂みを作るには、強めの光量とCO2添加が重要です。

植え方

ポリゴナムsp.ピンクの植え方は、1本ごと約2cm間隔に植栽していきます。水上葉は浮かびやすいので、下部の葉も一緒に底床に埋まるように植えると良いです。

トリミング・増やし方

ポリゴナムsp.ピンクは、他の有茎草と比べると成長はやや遅く、トリミングのタイミングは、3~6週間に1回程度です。トリミングはやや高めにカットして、カットした上部を差し戻して、ボリュームを付けていきます。増やし方は、差し戻しで増やします。

枯れる・溶ける

ポリゴナムsp.ピンクは、特別難しい水草ではありませんが、ロタラやルドウィジアなどの丈夫な水草と比べると光量、CO2量を求めてきます。成長が止まったり、頂芽が萎縮したりする場合は、CO2量、光量を見直してください。またソイルが劣化しだし炭酸塩硬度が上昇しだした時期も成長が鈍りやすいです。また、CO2量、光量が十分ないと本来の美しい赤味は出ずらいです。

3.成長記録

ポリゴナムsp.ピンクの育成環境は、標準60cm水槽、底床はADAのアマゾニア、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

4.ポリゴナムsp.ピンクの写真

ポリゴナムspピンクの写真