ヒロハノエビモ 日本に自生する透明感ある有茎草

1.特徴

ヒロハノエビモは、透明感あるウェーブした葉が美しい日本に自生している水草です。透き通る葉は茶系~緑色をして、涼しげさを感じさせてくれる水草です。ロタラやルドウィジアなどの有茎草とは違った雰囲気を楽しめる水草です。葉の大きさは葉幅は約5mm、葉の長さは約3cmです。ボルビティス ヒュディロティなど陰性水草や緑の濃い水草に合う水草です。育成する水槽サイズは、小型水槽でも可能ですが、やや成長が早く葉が大きいので、中型から大型水槽に適しています。レイアウトでは、中景から後景に扱いやすい水草です。ショップでは、水草を多く扱っているショップやネットショップで入手しやすい水草です。ヒロハノエビモは、日本に自生している、やや葉が大きい「インバモ」や「ガシャモク」、テープ状の「ササバモ」などと同様のヒルムシロ科の水草です。

ヒロハノエビモ

別名
学名 Potamogeton perfoliatus
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 やや早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ヒロハノエビモは、弱酸性から中性を好む水草です。底床はソイルが適しています。夏場の高温に弱い水草で、水温は24~25℃で育成したい水草です。夏場の高温の場合、CO2をしっかり添加して、炭酸塩硬度(KH)を0.5~1.5°dHにすると、育成しやすいです。

植え方

植え方は、購入時のポットや鉛などから取り出して軽く洗います。水上葉で背丈が短い場合は、そのまま一本ずつ植えていきます。また水上葉の場合は浮かんできやすいので、ピンセットで底床に2~3枚の葉が埋まる約2~3cm程度の深さにまで植えると、浮かんできづらくなります。購入時に背丈が高い場合は、5~8cmほどの高さを切り揃えて、植えていくとよいでしょう。

トリミング・増やし方

ヒロハノエビモは成長環境が合うと、成長が早く、環境によっては植栽から1週間でトリミングが必要な場合があります。トリミングは、底床から5cm~8cm程度の高さになるように低めにカットします。カットした水草を底床に差し戻してあげることによって増やすことができます。

枯れる・溶ける

ヒロハノエビモは植栽直後に葉が抜け落ちたり、黄色や白化して枯れるようであれば、外部からのストレスや極端な水質変化による影響が考えられます。また植栽から2~3週間で、葉が小型化したり、成長しない場合は、光合成に必要なCO2量が不足している可能性があります。改善には、十分な光量とCO2添加によって、葉に光合成の気泡が見られる状態であれば、美しい状態に回復できます。

3.成長記録

肥料は水草やコケの発生状況を確認して、3~4か月に少量を底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥するとよいでしょう。

4.ヒロハノエビモの写真

ヒロハノエビモの写真
透き通るウェーブした葉が美しいヒロハノエビモ