アラグアイア レッドロタラ 花のような華やかさで水槽を彩る

2020年10月21日

1.特徴

アラグアイア レッドロタラは、花のような華やかな色彩で、水槽のワンポイントになる美しい有茎草です。赤系の水草ではレッドリーフバコパのように発色のあるオレンジに染まる水草です。美しいアラグアイア レッドクロスプランツやアラグアイア レッドロタラはその美しい色彩で水草愛好家の中でも人気のある種類です。アラグアイア レッドロタラは、通常のロタラより葉はやや厚みと丸みがあります。葉幅は約5mm、葉の長さは約10~15mmの大きさです。レイアウトでは、水槽中央の中景から後景に植栽してワンポイントを作ることができます。水槽サイズは、小型水槽から中型、大型水槽まで適しています。流通は多くなく、水草専門店やネットショップで購入しやすい水草です。

アラグアイア レッドロタラ

別名 オレンジロタラ
学名 Rotala sp.(from Araguaia)
難易度 C
照明 普通
CO2 普通
PH 6.0-7.2
KH 0.5-2.0
成長速度 普通
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

アラグアイア レッドロタラの育成は、ソイル、CO2添加が重要です。水質は弱酸性の軟水を好む水草です。極端に難しい水草ではありませんが、やはり軟水を好み、光量、CO2量を求めてくるので、水草育成の環境は重要になります。美しい赤味、オレンジに発色させるには、強い光量、十分なCO2量、そして鉄分の添加が効果的です。写真の水槽ではグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

植え方

植え方は、光量がきちんと確保された場所に、一本ごと植栽していきます。

トリミング・増やし方

アラグアイア レッドロタラは、通常のロタラと比べてやや成長は遅いですが、2週間もすると水上葉から水中葉に移行して、3~4週間でトリミングのタイミングがきます。トリミングは、ある程度水草の丈が高くなったら半分くらいの高さでカットします。増やし方はカットした上部を差し戻して増やしていきます。

枯れる・溶ける

アラグアイア レッドロタラは、光量、CO2量を求めてくるため、十分な光量、CO2量がないと葉は小型化して成長がとまり、枯れたりと溶けたりします。またソイルが劣化しだして硬度が上がりCO2の吸収が減ると、同じように葉が小型化したり赤味が抜けたりします。改善策は、CO2量、光量を増やす、硬度を下げるの3つがポイントになります。

3.成長記録

アラグアイア・レッドロタラの育成環境は、標準60cm水槽、底床はADAのアマゾニア、CO2添加(1秒1滴)、照明はアクロ トライアングル ブライトを使用してします。肥料は定期的に、底床にテトラ イニシャルスティックグランパワー GPを合わせて追肥しています。また水替え時にエフイーエナジーを添加しています。

4.アラグアイア・レッドロタラの写真

アラグアイア レッドロタラの写真
美しい色彩のアラグアイア レッドロタラ