ロタラロトンディフォリアピンク 群生した茂みが美しい水草

1.特徴

ロタラロトンディフォリアピンクは、黄緑から薄っすらピンクがかったロタラの仲間です。環境によっては、写真より明るい緑だったり、逆に赤みが強く出る場合があります。ロタラの赤みを強く出したい場合は、こちらの記事を参考にしてください。葉の長さは12mm~20mm、葉幅は約3mmの大きさです。ロタラロトンディフォリアピンクはロタラ・インディカと比べてやや細身の葉という印象があります。レイアウトでは、中景から後景の植栽に適しています。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで幅広い水槽で使えます。流通は多くなく、一部のネットショップで入手可能です。

ロタラ ロトンディフォリア ピンク

別名
学名 Rotala rotundifolia Pink
難易度 B
照明 普通
CO2 少ない~普通
PH 6.0-7.3
KH 0.5-2.5
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★☆☆

2.育て方

ロタラロトンディフォリアピンクの育成は、他のロタラ同様に容易に育てられる種類の水草です。砂利やCO2添加がなくても育成はできますが、美しい茂みを作るには、ソイルを使い水草が育ちやすい軟水の水質を維持しつつ、強い光量とCO2添加が重要です。ソイルの劣化とともに成長が鈍り、緑色になりやすいです。

購入時 ロタラ ロトンディフォリア ピンク

水上葉 ロタラ ロトンディフォリア ピンク
植え方

植え方は、購入時のポットや鉛などから取り出して軽く洗います。底床には約2~3cm程度の深さに植えると、植栽後浮かんできづらくなります。水上葉の場合は、背丈が低いので、そのまま一本ずつ植えていきます。水中葉の場合は、5~10cmほどの高さを切り揃えて、植えていくとよいでしょう。

トリミング・増やし方

ロタラロトンディフォリアピンクは、成長が早く、環境によっては植栽から1週間でトリミングが必要になる場合があります。特に水上葉からの育成時には、匍匐(曲がって成長)しやすく、伸びぎた茎をカットして差し戻してあげます。トリミングは、底床から4cm~5cm程度の高さになるように低めにカットします。カットした水草を底床に差し戻してあげることによって増やすことができます。他のロタラと同様にトリミングにも強く、トリミングを繰り返すことで美しい茂みを作ります。

枯れる・溶ける

ロタラロトンディフォリアピンクは丈夫で、他の水草が溶けるような環境でも溶けずらい丈夫な種類です。植栽直後に葉が黄色や白化して枯れるようであれば、外部からのストレスや極端な水質変化による影響が考えられます。徐々に葉が小型化や葉が白化する場合は、硬度が高くCO2の吸収が悪い場合があります。CO2添加していない場合の対策としては、水換え頻度を上げると良いです。

3.成長記録

ロタラロトンディフォリアピンクの育成環境は、照明はアクロのトライアングル グロウ、底床はJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。CO2添加は60Lの水槽に対して1秒に1滴の量を添加しています。肥料は立ち上げ時のソイル栄養分だけで育成しています。様子を見ながら底床にテトラ イニシャルスティックを追肥していきます。

植栽から8日目 ロタラ ロトンディフォリア ピンク

植栽から44日目 ロタラ ロトンディフォリア ピンク
植栽から59日目 ロタラ ロトンディフォリア ピンク

4.ロタラロトンディフォリアピンクの写真

ロタラ ロトンディフォリア ピンクの写真
ロタラ ロトンディフォリア ピンクの写真