ロタラ インディカ 赤くなる人気のロタラ

1.特徴

ロタラ インディカは、赤くなるロタラの代表種です。丈夫で育成しやすく人気の水草です。葉の長さは12mm~20mm、葉幅は約3mmの大きさです。葉は緑からピンク、黄色、赤まで育成環境によって色を変えます。水草水槽のレイアウトでは、水槽のワンポイントから中景から後景にの配置に適しています。水槽サイズは、小型水槽から大型水槽まで美しい茂みを楽しむことができます。ロタラインディカの赤を楽しむには、コツがいりますが赤く染まった茂みは、魅力ある水景を作り出してくれます。流通も多く、安価で入手しやすい水草です。

ロタラ インディカ

別名
学名 Rotala rotundifolia “Red form”
難易度 B
照明 弱くても育つ
CO2 無くても育つ
PH 6.0-7.3
KH 0.5-3.0
成長速度 早い
大きさ・高さ 中型
おすすめ度 ★★★★☆

2.育て方

ロタラ インディカの育成は、他のロタラ同様に容易に育てられる種類の水草です。成長は早く、赤系の水草としては育成しやすい水草です。CO2添加は無くても枯れることはありませんが、美しい赤の茂みを作るにはCO2添加が欠かせません。水質は弱酸性から中性を好みます。砂利の育成でも可能ですが、ソイルの方が育てやすいです。写真のように赤味を帯びさせるには、強い光量と多めのCO2量が必要です。定期的な肥料は、固形肥料のテトラ イニシャルスティックを、2~3か月に一度、水草の状態を見ながら追肥するとよいでしょう。

植え方

植え方は、購入時のポットや鉛などから取り出して軽く洗います。底床には約3~4cm程度の深さに植えると、植栽後浮かんできづらくなります。水上葉の場合は、背丈が低いので、そのまま一本ずつ植えていきます。水中葉の場合は、8~10cmほどの高さを切り揃えて、植えていくとよいでしょう。

トリミング・増やし方

ロタラ インディカのトリミングは、成長が早く、環境によっては植栽から1週間でトリミングが必要な場合があります。特に水上葉からの育成時には、匍匐しやすく、伸びぎた茎をカットして差し戻してあげる必要があります。トリミングは、底床から4cm~5cm程度の高さになるように低めにカットします。カットした水草を底床に差し戻してあげることによって増やすことができます。他のロタラと同様にトリミングにも強く、トリミングを繰り返すことで美しい茂みを作ります。

赤くならない・赤くなるする方法

ロタラ インディカは、水草水槽用の強めのLED照明とCO2添加により赤くなりやすいです。ロタラ インディカを赤くするためには、光合成量を最大化できる環境重要です。特に、光量、CO2量が重要です。光量、CO2の目安としては、葉に大量の光合成が確認できる程度の添加量必要になります。ロタラを赤くする詳しい方法はロタラを真っ赤にしたい!赤くならない原因とは?を合わせてご覧ください。

枯れる・溶ける

ロタラ インディカは丈夫で、他の水草が溶けるような環境でも溶けずらい丈夫な種類です。植栽直後に葉が黄色や白化して枯れるようであれば、外部からののストレスや極端な水質変化による影響が考えられます。改善には、十分な光量とCO2添加によって、葉に光合成の気泡が見られる状態であれば、美しい状態に回復できます。

3.成長記録

ロタラ インディカの育成環境は、水草向けのLED照明とソイルを使用して育成しています。LED照明はアクロトライアングルを使用しています。底床のソイルはJUNのプラチナソイル パウダーを使っています。肥料は固形肥料を水槽の状態を見ながらテトラ イニシャルスティックグランパワー GP、鉄分主体の液肥のエフイーエナジーを添加していす。

水槽A

水槽Aの照明は水上葉からの57日目までは、アクロのトライアングル グロウを1台使って育成しています。CO2添加は60Lの水槽に対して3秒に2滴の量を添加しています。

水槽B

水槽Bはアクロのトライアングル グロウとブライトを1台ずつ合計2台設置した環境で育成しています。CO2添加は60Lの水槽に対して2秒に3の量を添加しています。

4.ロタラ インディカの写真

写真は赤くなった美しい状態の時期に撮影しています。ロタラ インディカは強い光量の環境で、植栽からトリミングを繰り返し2~3か月後に写真のような美しい赤を楽しめます。

赤に染まったロタラ インディカ 

真上から撮影したロタラ インディカ 

ロタラは非常に豊富な種類があります。この他に赤くなる美しいロタラの種類はこちらの記事をご覧ください。